株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

精巣上体炎,精巣炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-07
甲斐信幸 (ひらやまクリニック副院長)
江藤正俊 (九州大学大学院医学研究院泌尿器科学分野教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • Ⅰ.精巣上体炎

    ■疾患メモ

    急性精巣上体炎は,尿路感染症や経尿道的処置を誘因として,尿道から精管を経由した逆行性感染がほとんどである。

    小児および高齢者では大腸菌などの尿路感染症によることが多く,青壮年期ではクラミジアや淋菌などの性感染症が誘因になることが多い。

    慢性精巣上体炎は,急性精巣上体炎の不十分な治療からの移行や再発があるが,原因不明なことも多い。稀に免疫不全患者では結核菌による血行性感染で発症することがある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    〈急性精巣上体炎〉

    陰嚢内容の有痛性腫大と陰嚢皮膚の発赤。

    尿道炎を併発しているときは,外尿道口より排膿と排尿時痛。

    発熱(炎症が高度の場合)。

    〈慢性精巣上体炎〉

    陰嚢部の不快感。

    精巣上体に硬結と軽度の圧痛。

    〈結核性精巣上体炎〉

    精管に一致した数珠状結節を触知することがある。

    【検査所見】

    〈急性精巣上体炎〉

    血液検査:白血球やCRP上昇などの炎症反応所見。

    尿中白血球,細菌陽性(尿道炎合併例)。

    尿細菌培養検査:小児・高齢者では大腸菌,青壮年ではクラミジア,淋菌。

    〈慢性精巣上体炎〉

    血液尿検査に異常所見が出ないことが多い。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top