株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

回帰性リウマチ

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-26
中島敦夫 (東京警察病院総合診療内科・膠原病リウマチ科部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    回帰性リウマチ(palindromic rheumatism:PR)は発作性の関節炎(関節の腫脹,発赤,疼痛)を繰り返す疾患である1)

    20~50歳代で発症することが多く,男女差は少ない。

    原因は不明であるが,一部にはHLA-DR1やHLA-DR4といった遺伝子の関与も示唆されている。関節炎発作は通常数時間~数日持続するが,発作の間欠期には症状は完全に消失する。

    発作の頻度は年に数回~10数回というのが一般的で,発作の間隔は一定していない。診断にはGonzalez-Lopezらの診断基準(案)が参考になる(2)

    11_10_回帰性リウマチ

    基本的には,骨破壊はみられず予後は良好であるが,30%前後の患者では関節リウマチへ(rheumatoid arthritis:RA)の進展がみられるので注意が必要である。発作時には非ステロイド性抗炎症薬が有効であることが多い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    発作性・再発性の関節炎である。ほとんどすべての関節が障害されるが,脊椎や顎関節では稀である。罹患関節は発作ごとに異なることが多い。

    【検査所見】

    特異的な所見はなく,発作時にはCRPや血沈(erythrocyte sedimentation rate:ESR)などの炎症反応が上昇する。

    半数前後の患者でリウマトイド因子(rheumatoid factor:RF)や抗CCP(cyclic citrullinated peptide)抗体が陽性となる。

    血清反応陽性例では関節リウマチへの進展が多いことが報告されている3)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top