株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

執筆者並びに詳細目次

登録日:
2019-10-10
最終更新日:
2019-10-10

●執筆者

1. 抗精神病薬

 髙橋一志(東京女子医科大学八千代医療センター精神科准教授)

2. 抗うつ薬

 大坪天平(東京女子医科大学東医療センター精神科部長・臨床教授)

3. 気分安定薬

 菅原裕子(熊本大学医学部附属病院神経精神科)

4. 抗不安薬

 稲田 健(東京女子医科大学精神医学講座准教授)

5. 不眠症治療薬

 松井健太郎(国立精神・神経医療研究センター臨床検査部睡眠障害検査室医長)

6. 抗てんかん薬

 林 安奈(東京女子医科大学精神医学講座)

 西村勝治(東京女子医科大学精神医学講座教授)

7. 認知症治療薬

 大下隆司(代々木の森診療所院長)

●目次

1. 抗精神病薬

抗精神病薬の種類
抗精神病薬の現在

①フェノチアジン系抗精神病薬

②ブチロフェノン系抗精神病薬

③ベンザミド系抗精神病薬

④セロトニン・ドパミン遮断薬(SDA)

⑤多元受容体作用抗精神病薬(MARTA)

⑥ドパミン受容体部分作動薬(DPA)

別表 抗精神病薬


2. 抗うつ薬

抗うつ薬の種類
抗うつ薬の現在

①三環系抗うつ薬(TCA)第一世代

②TCA第二世代

③四環系抗うつ薬

④その他(トラゾドン,スルピリド)

⑤選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

⑥セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)

⑦ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)

別表 抗うつ薬


3. 気分安定薬

気分安定薬の種類
気分安定薬の現在

①炭酸リチウム(Li)

②バルプロ酸(VA)

③カルバマゼピン(CBZ)

④ラモトリギン(LTG)

別表 気分安定薬


4. 抗不安薬

抗不安薬の種類
抗不安薬の現在

①ベンゾジアゼピン(BZ)系抗不安薬

②アザピロン系抗不安薬

③選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

別表 抗不安薬


5. 不眠症治療薬

不眠症治療薬の種類
不眠症治療薬の現在

①BZ受容体作動薬

②メラトニン受容体作動薬

③オレキシン受容体拮抗薬

④鎮静系抗うつ薬

⑤抗ヒスタミン薬

別表 不眠症治療薬


6. 抗てんかん薬

抗てんかん薬の種類
抗てんかん薬の誕生から現在まで
作用機序
抗てんかん薬の今後の展望
代表的薬剤の解説

①バルプロ酸ナトリウム

②カルバマゼピン

③ラモトリギン

④レベチラセタム

抗てんかん薬による治療

①抗てんかん薬開始のタイミング

②薬剤の選択

③難治てんかんの対応

④てんかん重積状態の対応

⑤いつまで治療を続けるか

非専門家による治療

①抗てんかん薬を使用してよいとき

②患者への説明

③絶対してはいけないこと

④こんなときは専門医へ

別表 抗てんかん薬


7. 認知症治療薬

認知症治療薬の種類
認知症治療薬の現在

①アセチルコリンエステラーゼ阻害薬

②NMDA受容体拮抗薬

別表 認知症治療薬


シリアルナンバー未登録の方は
登録画面へ

このコンテンツは購入者限定コンテンツです(全文閲覧にはシリアル登録が必要となります)。
コンテンツ購入はコチラから

Webコンテンツサービスについて

ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

もっと見る

page top