株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

乳癌の腋窩リンパ節転移の画像診断の役割【超音波検査がその利便性もふまえて最も有用】

No.4908 (2018年05月19日発行) P.56

植松孝悦 (静岡県立静岡がんセンター生理検査科・乳腺画像診断科部長)

山口 健 (佐賀大学医学部医学科放射線医学講座)

登録日: 2018-05-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 近年の乳癌手術においては,可能な限り腋窩リンパ節郭清も省略化する手法が標準治療となりつつあります。乳癌治療開始前の腋窩リンパ節転移の評価における画像診断の役割についてご教示下さい。佐賀大学・山口 健先生にご回答をお願いします。

    【質問者】

    植松孝悦 静岡県立静岡がんセンター生理検査科・乳腺画像診断科部長


    【回答】

    近年,術前の触診および画像診断でリンパ節転移が指摘できない乳癌に対してはセンチネルリンパ節生検(sentinel lymph node biopsy:SNB)を施行し,腋窩リンパ節郭清を省略する手法が乳癌の標準治療になりつつあるため,病期診断およびSNBの適応決定において精度の高い腋窩リンパ節評価が必要とされています。腋窩リンパ節評価を行う画像検査としては超音波,MRI,CT,FDG-PET/CTが挙げられます。これらの検査について紹介したいと思います。

    (1)超音波検査

    腋窩リンパ節転移の所見としてはサイズの増大,皮質の肥厚(3mm以上)や皮質の限局した突出,リンパ門の脂肪織の消失,リンパ門以外の部位の異常血流の存在などが挙げられます。比較的近年の論文ではこれらのうち皮質の厚みやリンパ門の脂肪織の消失をもとにすると,超音波検査の診断能は感度94%,特異度72%と報告されています1)。また,超音波検査は主病変である乳癌の術前精査として一般化されており,この主病変の精査と同時に腋窩リンパ節の精査も行うことができるため,その利便性もふまえて最も有用な検査と思われます。

    残り732文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    関連物件情報

    もっと見る

    page top