株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS ノーベル医学生理学賞、C型肝炎ウイルス発見した米英出身3氏に

No.5034 (2020年10月17日発行) P.69

登録日: 2020-10-06

最終更新日: 2020-10-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェーデンのカロリンスカ研究所は10月5日、2020年のノーベル医学生理学賞を「C型肝炎ウイルスの発見」に貢献した米英出身の科学者に授与すると発表した。

受賞するのは、米国立衛生研究所(NIH)名誉研究員のハーベイ・オルター、英国出身でカナダ・アルバータ大教授のマイケル・ホートン、米ロックフェラー大教授のチャールズ・ライスの3氏。

受賞が決まった(左から)オルター、ホートン、ライスの3氏(ノーベル財団ウェブサイトより)

オルター氏は、A型でもB型でもない未知のウイルスが慢性肝炎の原因となっていることを証明。ホートン氏は「C型肝炎ウイルス」と名付けられた新たなウイルスのゲノムの分離に成功。ライス氏は、C型肝炎ウイルスのみで肝炎を引き起こす可能性があることを示す決定的なエビデンスを提供した。

カロリンスカ研究所は、これらの研究成果が、輸血後肝炎のリスクを排除する高感度の血液検査の開発や、慢性肝炎を治療する抗ウイルス薬の開発を可能にし、C型肝炎を世界から根絶する希望をもたらしたと評価している。

関連記事・論文

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top