株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

尖圭コンジローマ[私の治療]

No.4961 (2019年05月25日発行) P.51

野口靖之 (愛知医科大学産婦人科学講座特任准教授)

登録日: 2019-05-23

最終更新日: 2019-07-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • ヒトパピローマウイルス(human papillomavirus:HPV)6型と11型が,粘膜や皮膚へ感染し大小陰唇,会陰,肛門にカリフラワー状や鶏冠状の先の尖った乳頭腫を形成する。子宮頸癌に関連する16型,18型とは異なり発がん性は低い。副腎皮質ホルモンの内服,糖尿病や妊娠など宿主免疫能の低下があると乳頭腫が多発し,巨大化することがある。
    稀な疾患であるが,乳幼児や小児に発症する再発性気道乳頭腫症は尖圭コンジローマの産道感染が原因と考えられている。

    ▶診断のポイント

    臨床および局所所見による臨床診断が優先されるが,ボーエン様丘疹,性器ボーエン病,外陰癌等との鑑別は組織診により行う。小児期の尖圭コンジローマは,性的虐待の存在を念頭に置き,慎重な問診を行う。

    残り493文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top