株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

伝染性膿痂疹(とびひ)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-20
鑑 慎司 (関東中央病院皮膚科部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    皮膚の細菌感染症であり,原因菌が表皮に感染して膿痂疹が生じる。

    原因菌は黄色ブドウ球菌が多いが,A群β溶血性連鎖球菌も原因になりうる。

    ヒトからヒトへと接触感染をする。接触によって,火事の飛び火のように急速に周囲の皮膚に広がるため,"とびひ"とも呼ばれる。

    あせも,虫刺され,湿疹などを引っ掻いて掻き壊したり,転んだりしてできた傷に感染する。

    夏季に多く,乳幼児に発症しやすい。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    黄色ブドウ球菌が原因菌である場合は,水ぶくれを伴う水疱性膿痂疹となる。全身症状を伴わないことが多い。

    A群β溶血性連鎖球菌が原因菌ならば,かさぶたが厚くつく痂皮性膿痂疹となる。発熱,リンパ節の有痛性腫脹,咽頭痛などの全身症状を呈することもあり,重症例では全身が紅皮症になることもある。

    【検査所見】

    病変部の表面膿より細菌培養検査を実施して,治療効果が不十分な場合に備える。

    治療効果,培養結果および薬剤感受性を見て,抗菌薬の再選択を行うこともある。

    最近MRSA(methicillin resistant Staphylococcus aureus)による水疱性膿痂疹が増加している。

    痂皮性膿痂疹では,血液検査で白血球増多やCRP上昇がみられることがある。また,皮疹の治癒後に腎炎を起こし,尿蛋白が陽性になることがある。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top