株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

蟯虫症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-21
金澤 保 (産業医科大学医学部免疫学・寄生虫学教授)
長田良雄 (産業医科大学医学部免疫学・寄生虫学准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    蟯虫(Enterobius vermicularis)の寄生によって引き起こされる疾患であり,感染者は,成熟雌虫が肛門外に這い出て産卵する際に,肛門周囲にそう痒感を自覚する。

    虫卵を経口的に摂取すると感染する。産卵後数時間で虫卵は感染性を有するため,患者の周囲の人は感染しやすい。

    幼児,小学校低学年児童に感染者が多いことが知られており,正確な感染率は不明であるものの,首都圏ではこの年齢集団の約0.2%に感染がみられたという。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    多くは無症状であるが,一部の感染者が肛門周囲に不快なそう痒感を自覚する。

    そう痒感に起因すると思われる夜泣き,不眠や精神不穏などもみられることがある。

    【検査所見】

    セロファンテープ法(肛囲検査法)で肛門周囲に産卵された虫卵を検出する()。

    13_10_蟯虫症

    同検査は起床時に少なくとも複数回実施することが望ましい。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top