株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

一過性脳虚血発作(TIA)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-19
橋本洋一郎 (熊本市民病院首席診療部長・神経内科部長)
山川 誠 (熊本市民病院神経内科)
渡利茉里 (熊本市民病院神経内科)
阪本徹郎 (熊本市民病院神経内科)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    一過性脳虚血発作(transient ischemic attack:TIA)は「血管疾患で起こる一過性黒内障や一過性の局所脳神経脱落症候が24時間以内に完全に消失するもの」(1990年)と定義されていた1)

    米国心臓協会(ASA)は2009年に新しい定義として「急性脳梗塞をきたさない脳,脊髄,網膜の局所虚血による一過性の神経機能障害」を提案した2)

    わが国の班会議(峰松一夫,2012年)では,「24時間以内に消失する脳または網膜の虚血による一過性の局所神経症状で,画像上の梗塞巣の有無を問わない」,MRIの拡散強調画像(diffusion weighted imaging:DWI)で新鮮病巣を認める場合は「DWI陽性のTIA」と定義した3)

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    内頸動脈系あるいは椎骨脳底動脈系の脳梗塞をきたしたときの症候が一過性に生じる。

    【検査所見】

    CTによる脳出血などの他疾患の否定,MRIのDWIでの虚血病巣の検出,頸部血管エコー,MRA,CTA,脳血管造影などによる血管の評価,心電図,ホルター心電図,経胸壁心エコーなどによる心臓の評価を行う。

    必要に応じてD-dimerやBNP(brain natriuretic peptide)の測定,下肢静脈エコー,経食道エコーなどを行う。どの定義で診断したかを明確にしておく。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top