株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

月経困難症診療における鍼灸の効果〜紹介から施術まで

購入

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ


実際の施術、効果、メカニズム、エビデンス、紹介!
PDFとHTMLの両方で読めるハイブリッド版です。
ネットショップ「STORES. jp」の弊社ストアjmedj.netで購入できます。
本文はログイン状態で御覧ください。

●執筆
田口玲奈(明治国際医療大学鍼灸学部)
●監修
寺澤佳洋(口之津病院内科・総合診療科,医師・鍼灸師)
鈴木雅雄(福島県立医科大学会津医療センター漢方医学研究室教授)

●商品説明
判型:A4判
頁数:13頁、図6点、表1点
発行日:2024年2月9日
価格:1,100円(税込)

●内容紹介
▷寺澤佳洋先生と、鈴木雅雄先生タッグによる、症状・症候にフィーチャーした鍼灸の効果シリーズ第2弾! 近年ニーズの高い産婦人科領域のなかで、一定の鍼灸治療が効果を示す報告が多い月経困難症について解説!
▷実際に鍼灸治療が有効であった症例の紹介からスタートし、鍼灸治療のRCTやメタアナリシス分析といった最新のエビデンスの紹介や、鍼治療のメカニズムの説明、東洋医学における考え方の解説をしています。「鍼灸に馴染みがない」という先生にもおすすめです。
▷すでに鍼灸の施術を実施されている鍼灸師や医師の先生方には、より効果的な施術について、これから治療のなかに鍼灸を取り入れてみたい先生方には、治療の効果や適応、患者に紹介する場合の方法をレクチャーしています

【目次】
1.はじめに
2.鍼灸治療が有効であった症例
3.エビデンスからみた月経困難症に対する鍼灸治療の効果
 1)機能性月経困難症に対する鍼灸治療の効果
 2)器質性月経困難症に対する鍼灸治療の効果
 3)月経困難症に対する鍼灸治療のメカニズム
4.東洋医学における月経困難症と鍼灸治療
 1)肝鬱気滞による痛経
 2)血瘀による痛経
 3)寒湿による痛経
 4)気血両虚の痛経
5.月経困難症における鍼灸治療の適応
6.まとめ
鍼灸師や鍼灸院を患者に紹介する場合

日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツ(PDF+HTMLのハイブリッド版)です。
購入いただくと、①ダウンロード式でどこでも読めるPDF版と、②シリアルナンバー登録で利用できスマホでも読みやすいHTML版(別途通信が必要です)の両方が利用できます。
HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります(弊社サイト有料会員の方は特に手続きは必要ありません)
※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。
シリアルナンバーの登録・利用方法は下記をご参照ください。
https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/

page top