株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

夜間頻尿時の早朝第一尿・第二尿とは? 【起床直前の尿を早朝第一尿,起床時の尿を早朝第二尿としてもよい】

No.4888 (2017年12月30日発行) P.66

柿崎秀宏 (旭川医科大学腎泌尿器外科教授)

登録日: 2017-12-29

最終更新日: 2017-12-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 検査に提出する際によく質問されますが,夜中から早朝にかけて複数回,排尿のある患者の場合,どれをもって早朝第一尿,第二尿とするのが妥当でしょうか。

    (東京都 M)


    【回答】

    就眠後に排尿に起きる現象は夜間頻尿とも言われ,高齢者ではしばしば認められます。夜間に排尿に起きない場合,早朝第一尿は起床時の第一尿と定義されます。起床時第一尿は体動や運動の影響が除外され,濃縮尿であるために感度よく尿蛋白を検出しうるとされています。思春期前後の小児では,体位性蛋白尿(起立性蛋白尿)の頻度が高いので,この年齢層の子どもの検尿を行う場合には,前夜就眠前完全排尿後の早朝第一尿を検査するのが一般的です。

    一方,早朝第二尿は,早朝第一尿から朝食前までの尿と定義され,早朝空腹時血糖を反映して1日で最も尿糖が少なくなります。

    残り311文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    関連物件情報

    もっと見る

    page top