株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

ホジキンリンパ腫[私の治療]

No.5071 (2021年07月03日発行) P.37

楠本 茂 (名古屋市立大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学准教授)

登録日: 2021-07-03

最終更新日: 2021-06-29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • ホジキンリンパ腫(Hodgkin lymphoma:HL)は,古典的HL(classical Hodgkin lymphoma:cHL)と結節性リンパ球優位型HL(nodular lymphocyte predominant Hodgkin lymphoma:NLPHL)に病理学的に大別され,治療法が異なる。本稿ではcHLの治療を論じる。

    ▶診断のポイント

    HLの確定診断には,リンパ節生検(腫瘍部位によっては針生検)による病理組織診断が必須であり,吸引細胞診は推奨されない。典型的な組織像および免疫染色を呈しない場合,非ホジキンリンパ腫との鑑別,特に未分化大細胞リンパ腫,びまん性大細胞型B細胞リンパ腫および血管免疫芽球性T細胞リンパ腫との鑑別診断は重要である。また,頻度は低いが,高齢者のHLにおいて,成人T細胞白血病リンパ腫との鑑別困難例が存在するため,HTLV-1抗体の測定は必須である。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    病期診断のために,胸部単純X線,全身CT(頸部から鼠径部まで),PET-CT検査および骨髄検査を行う。バルキー縦隔病変(最大径が10cm以上あるいは最大胸郭内径の1/3以上)およびB症状(38℃を超える発熱,盗汗,診断前の6カ月間に認めた通常体重の10%を超す体重減少)の有無を確認する。既往歴・喫煙歴・常用薬の確認とともに,リスク因子(限局期では血沈値の測定が必要)の有無をチェックする。臓器機能の評価も並行して行う。

    ・限局期:ABVD療法(ドキソルビシン,ブレオマイシン,ビンブラスチン,ダカルバジン)4コースに続くinvolved-field radiation therapy(IFRT)30~36Gyを基本とする。
    ・進行期:ABVD療法(6もしくは8コース)あるいはBV(ブレンツキシマブ ベドチン)併用AVD(ドキソルビシン,ビンブラスチン,ダカルバジン)療法を行う。ブレオマイシン肺毒性(BLT)リスクがある場合や高齢者(60歳を超える)においては薬剤のスキップも考慮する。

    残り2,129文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    関連物件情報

    page top