株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

口腔乾燥症[私の治療]

No.4983 (2019年10月26日発行) P.50

渡邊 章 (東京歯科大学口腔顎顔面外科学講座講師)

登録日: 2019-10-24

最終更新日: 2019-10-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 口腔乾燥症(ドライマウス)は,唾液減少が原因で口腔粘膜の乾燥をきたし,粘膜に現れる症状を総称して用いられている。昨今,増加している背景には,口腔に対する意識の向上,社会的ストレスの増加,使用薬剤の増加,高齢化社会,咀嚼習慣の変化,などが挙げられ,原因を追究することが重要である。また,継発して現れる症状として粘膜炎,舌痛,味覚障害,口臭,歯周病,う蝕などに対する予防や対応も重要となる。

    ▶診断のポイント

    自覚症状として口腔内の乾燥感,ねばつき,などがある。乾燥が進むと口蓋,舌の接触による粘膜炎症状を認める。さらに重度の場合には,舌乳頭の萎縮,頬粘膜のかさつきなど,粘膜に症状がみられる。シェーグレン症候群の場合には,口腔乾燥のほか,眼の乾燥なども認める。

    原因は大きく以下の3つに分類される。

    ①唾液腺自体の機能障害によるもの:シェーグレン症候群が代表的であるが,放射線治療や加齢変化による唾液腺障害,造血幹細胞移植後の移植片対宿主病(graft versus host disease:GVHD),サルコイドーシス,後天性免疫不全症候群(acquired immune deficiency syndrome:AIDS),悪性リンパ腫,唾液腺炎,唾石症,唾液腺腫瘍,唾液腺摘出後の併発症,などが挙げられる。

    ②神経性あるいは薬剤性のもの:抑うつ,ストレスなどの精神状態,抗不安薬,抗うつ薬,降圧薬,副交感神経の抑制に関わる薬剤,などが挙げられる。

    ③全身性疾患あるいは代謝性疾患のもの:脱水,糖尿病,腎障害,貧血,などの全身疾患が挙げられる。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    問診で既往歴,服薬中の薬剤の確認をし,口腔内の粘膜症状などを注意深く観察する。唾液分泌量検査で分泌量の検査を行う(ガムテストで10mL/10分以下,サクソンテストで2g/2分以下を陽性とする)。

    唾液分泌量検査で結果が陽性で,シェーグレン症候群を疑う場合には,①Schirmer testで涙液の分泌量(5mm/5分以下で陽性),②免疫血清検査で抗SS-A/Ro抗体,抗SS-B/La抗体陽性,③口唇腺の生検(4mm2 1 focusの導管周囲に50個以上のリンパ浸潤がある),のうち1つ以上が該当すれば確定診断となる。

    残り861文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連物件情報

    page top