株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

舌小帯短縮症[私の治療]

No.4983 (2019年10月26日発行) P.49

渡邊 章 (東京歯科大学口腔顎顔面外科学講座講師)

登録日: 2019-10-24

最終更新日: 2019-10-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 舌癒着症(舌小帯短縮症)は,舌小帯が口底から舌尖部に近い位置で付着した状態で舌の可動域が制限され,舌尖部を挙上することが困難な病態である。舌強直症とも言われている。

    ▶診断のポイント

    【症状】

    ①舌小帯が舌の高位に付着している。

    ②舌を前方に突出させると舌小帯が高位に付着している部分が凹み,ハート形にみえる。

    ③舌の運動障害により哺乳障害や嚥下障害,タ行やラ行などの構音障害をきたすことがある。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    舌小帯短縮症の治療方針には,手術と機能訓練がある。一般的に,手術は舌小帯切除術が適応される。舌の運動障害による機能障害があるか否かを見極めることが重要である。また,この機能障害が中枢側の疾患による構音障害なのか,舌運動障害なのかを鑑別する必要がある。

    残り421文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連物件情報

    page top