株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

地図状舌・溝状舌[私の治療]

No.4971 (2019年08月03日発行) P.52

加藤 宏 (東京歯科大学口腔顎顔面外科学講座)

登録日: 2019-08-01

最終更新日: 2019-07-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • Ⅰ.地図状舌

    舌背部に大小様々な白色や赤色の斑を生じる角化異常病変であり原因は不明である。ストレス,ビタミン欠乏,遺伝などの関与が考えられている。病変部の糸状乳頭は消失しており,病変の位置や形態が日によって変わる。若い女性や小児にみられることが多い。

    ▶診断のポイント

    通常は無症状であり,歯科治療時に指摘されることが多い。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    自覚症状がない場合,治療は不要である。疼痛や味覚異常を訴える場合は含嗽薬やトローチによる対症療法を行う。

    ▶治療の実際

    【軽度の刺激痛や味覚異常を訴える場合】

    一手目 :アズノール®うがい液(アズレン)1回4~6mg(1回押し切り分,または5~7滴)を適量(約100mL)の水または微温湯に溶解し,1日数回含嗽

    二手目 :〈一手目に追加〉SPトローチ®0.25mg(デカリニウム)1回1錠1日6回

    Ⅱ.溝状舌

    舌の表面に多数の溝を認める状態を指す。形成異常のひとつで,遺伝的によるものとされる。通常自覚症状はなく,加齢とともに増加する。

    残り501文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連物件情報

    もっと見る

    page top