株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS アドバンス・ケア・プランニングの愛称を募集、9月14日まで―厚生労働省

No.4923 (2018年09月01日発行) P.18

登録日: 2018-08-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省はこのほど、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)を表す愛称の募集を開始した。募集は9月14日まで受け付け、11月にも愛称を決める。選ばれた愛称は、ポスターやリーフレット、ホームページへの掲載などACPの周知・広報に活用する方針。

ACPは、「人生の最終段階における医療・ケアについて考える機会を確保し、本人が家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合う」プロセスを指す。厚労省が3月、11年ぶりに改訂した「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」(終末期医療ガイドライン)でも重要性が指摘されている。その一方で、厚労省が昨年12月に実施した意識調査によると、ACPの認知度は一般国民でわずか3.3%、医師でも約2割に留まっており、認知度の向上が課題となっていた。

こうした事態を踏まえ厚労省は、国民の生活にACPの取り組みが浸透するよう、馴染みやすい愛称の公募を開始。「ACP愛称選定委員会」を設置し、集まった候補の中から愛称を選定する。応募要項は、厚労省のホームペー(https://www.mhlw.go.jp/content/10802000/000343579.pdf)から確認できる。

委員会の構成員は、日本医師会副会長の松原謙二氏や、ACPを実践しているオレンジホームケアクリニック代表の紅谷浩之氏、サントリーホールディングス代表取締役社長の新浪剛史氏、タレントの小籔千豊氏らが務める。

関連記事

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)とは?【有効性を示すエビデンスが示されつつある。高齢化に伴いケアの中心的存在に】

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=9753


【終末期ガイドライン改訂】高齢多死社会とACPを反映

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=9587


アドバンス・ケア・プランニングの医師の認知度は2割【厚生労働省調査】

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=9406


重要視されるACP、どのように実施していますか(紅谷浩之 オレンジホームケアクリニック代表)【この人に聞きたい】

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=9261


関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

もっと見る

page top