株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

現代社会の新しい依存症がわかる本 ―物質依存から行動嗜癖まで

巻頭言

part 1 依存症の基礎知識
樋口 進 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 院長


Q1 依存症とはどんな病態ですか?

Q2 「行動嗜癖」とは?

Q3 「依存」が起こる原因は?

Q4 なぜ今,依存症が問題なのでしょうか?

Q5 依存症患者への対応のポイントと注意点は?

Q6 依存症はどのように診断するのですか?

Q7 依存症の治療にはどんな方法があるのでしょうか?

Q8 依存症治療における「回復」とは?

Q9 依存症の治療はどんな施設で行うべきですか?

Q10 患者のサポート体制は?

Q11 家族に対する対応のポイントは?

part 2 アルコール依存
松下幸生 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 副院長


Q1 アルコール依存とはどんな病態ですか?

Q2 アルコール依存はなぜ起こるのでしょうか?

Q3 アルコール依存患者の背景にはどんな原因がありますか?

Q4 アルコール依存の何が問題なのでしょうか?

Q5 受診に結びつけるための対策は?

Q6 診断のポイントは?

Q7 治療はどのように進めますか?

Q8 治療中に気をつけなければならないことは?

Q9 専門医への紹介のタイミングと方法は?

Q10 専門施設はどうやって探しますか?

Q11 専門施設ではどんな治療を行っているのですか?

Q12 治療後のフォローアップについて教えてください。

Q13 家族への支援はどのように行いますか?

part 3 薬物依存
成瀬暢也 埼玉県立精神医療センター 副病院長


Q1 薬物依存とはどんな病態ですか?

Q2 薬物依存はなぜ起こるのでしょうか?

Q3 依存する薬物にはどのようなものがありますか?

Q4 薬物依存の何が問題なのでしょうか?

Q5 薬物依存患者は増えているのでしょうか?

Q6 患者の年齢分布は?

Q7 受診に結びつけるための対策は?

Q8 診断のポイントは?

Q9 検査で違法薬物の使用がわかった場合,どんな対応が必要ですか?

Q10 治療はどのように進めますか?

Q11 治療中に気をつけなければならないことは?

Q12 専門医への紹介のタイミングと方法は?

Q13 専門施設はどうやって探せばいいでしょうか?

Q14 専門施設ではどんな治療を行っているのですか?

Q15 治療後のフォローアップについて教えてください。

Q16 家族への支援はどのように行いますか?

part 4 ニコチン依存
中村正和 公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター センター長


Q1 ニコチン依存とはどんな病態ですか?

Q2 ニコチン依存はなぜ起こるのでしょうか?

Q3 ニコチン依存患者の背景にはどんな原因がありますか?

Q4 ニコチン依存の何が問題なのでしょうか?

Q5 禁煙外来の受診に結びつけるための対策は?

Q6 診断のポイントは?

Q7 禁煙外来ではどのような治療を行っているのですか?

Q8 禁煙外来はどの程度の効果がありますか?

Q9 治療中に気をつけなければならないことは?

Q10 外来治療薬にはどんなものがありますか?

Q11 加熱式たばこなどの新型たばこは禁煙に効果がありますか?

Q12 禁煙外来はどうやって探せばいいでしょうか?

Q13 禁煙外来で健康保険が適用されるための条件は?

Q14 禁煙外来を開設するにはどうしたらいいですか?

Q15 治療後のフォローアップについて教えてください。

part 5 ギャンブル依存
河本泰信 医療法人社団正心会よしの病院 副院長
公立諏訪東京理科大学地域連携研究開発機構医療介護・健康工学部門 客員教授


Q1 ギャンブル依存とはどんな病態ですか?

Q2 ギャンブル依存はなぜ起こるのでしょうか?

Q3 ギャンブル依存の患者にはどんな背景がありますか?

Q4 ギャンブル依存の何が問題なのでしょうか?

Q5 国内外ではどれくらいの患者がいるのでしょうか?

Q6 受診に結びつけるための対策は?

Q7 診断のポイントは?

Q8 治療はどのように進めますか?

Q9 治療中に気をつけなければならないことは?

Q10 治療の完了はどうやって判断するのでしょうか?

Q11 専門医への紹介のタイミングと方法は?

Q12 専門施設ではどのような治療を行うのですか?

Q13 医療以外にはどんなサポートが必要でしょうか?

Q14 治療後のフォローアップについて教えてください。

part 6 ネット依存
中山秀紀 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 精神科医長
樋口 進


Q1 ネット依存とはどんな病態ですか?

Q2 ネット依存はなぜ起こるのでしょうか?

Q3 ネット依存患者にはどんな背景がありますか?

Q4 国内外ではどのくらいの患者がいるのでしょうか?

Q5 患者の年齢分布は?

Q6 受診に結びつけるための対策は?

Q7 診断のポイントは?

Q8 治療はどのように進めますか?

Q9 治療中に気をつけなければならないことは?

Q10 専門医への紹介のタイミングと方法は?

Q11 専門施設ではどのような治療を行うのですか?

Q12 治療後のフォローアップについて教えてください。

Q13 家族の対応はどのように行いますか?

part 7 食べ物依存
沼田真一 医療法人綾の会川崎沼田クリニック 院長


Q1 食べ物の依存とはどんな病態ですか?

Q2 食べ物への依存はなぜ起こるのでしょうか?

Q3 食べ物への依存の何が問題なのでしょうか?

Q4 どんな食べ物への依存が考えられますか?

Q5 依存状態となる患者にはどんな背景がありますか?

Q6 国内外ではどれくらいの患者がいるのでしょうか?

Q7 患者の年齢分布は?

Q8 受診に結びつけるための対策は?

Q9 診断のポイントは?

Q10 治療はどのように進めますか?

Q11 治療中に気をつけなければならないことは?

Q12 拒食と過食を繰り返す患者さんへの対応はどうすればいいでしょうか?

Q13 専門施設の探し方や紹介の方法も含めて,専門医療について教えてください。

part 8 性依存
原田隆之 筑波大学 人間系 教授


Q1 性依存とはどんな病態ですか?

Q2 性依存が起こる背景にはどんな原因が考えられますか?

Q3 性依存の何が問題なのでしょうか?

Q4 国内外ではどれくらいの患者がいるのでしょうか?

Q5 患者の年齢分布は?

Q6 性犯罪との関連はあるのでしょうか?

Q7 受診に結びつけるための対策は?

Q8 診断のポイントは?

Q9 治療はどのように進めますか?

Q10 治療中に気をつけなければならないことは?

Q11 専門施設の探し方や紹介の方法も含めて,専門医療について教えてください。

part 9 買い物依存
大石雅之 医療法人社団祐和会大石クリニック 理事長


Q1 買い物依存とはどんな病態ですか?

Q2 買い物依存が起こる背景にはどんな原因が考えられますか?

Q3 買い物依存の何が問題なのでしょうか?

Q4 国内外ではどれくらいの患者がいるのでしょうか?

Q5 患者の年齢分布は?

Q6 受診に結びつけるための対策は?

Q7 診断のポイントは?

Q8 治療はどのように進めますか?

Q9 治療中に気をつけなければならないことは?

Q10 専門施設の探し方や紹介の方法も含めて,専門医療について教えてください。


part 10 仕事依存
遠山朋海 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 精神科


Q1 仕事依存とはどんな病態ですか?

Q2 仕事依存が起こる背景にはどんな原因が考えられますか?

Q3 仕事依存の何が問題なのでしょうか?

Q4 国内外ではどれくらいの患者がいるのでしょうか?

Q5 患者の年齢分布は?

Q6 「ブラック企業」との見分け方はありますか?

Q7 受診に結びつけるための対策は?

Q8 診断のポイントは?

Q9 治療はどのように進めますか?

Q10 治療中に気をつけなければならないことは?

Q11 専門施設の探し方や紹介の方法も含めて,専門医療について教えてください。

part 11 運動依存
松﨑尊信 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 精神科医長


Q1 運動依存とはどんな病態ですか?

Q2 運動依存が起こる背景にはどんな原因が考えられますか?

Q3 運動依存の何が問題なのでしょうか?

Q4 国内外ではどれくらいの患者がいるのでしょうか?

Q5 患者の年齢分布は?

Q6 アスリートではない一般人にも起こりうる病態なのでしょうか?

Q7 受診に結びつけるための対策は?

Q8 診断のポイントは?

Q9 治療はどのように進めますか?

Q10 治療中に気をつけなければならないことは?

Q11 専門施設の探し方や紹介の方法も含めて,専門医療について教えてください。

part 12 窃盗症
竹村道夫 特定医療法人赤城高原ホスピタル 院長


Q1 窃盗症とはどんな病態ですか?

Q2 窃盗症が起こる背景にはどんな原因が考えられますか?

Q3 国内外ではどれくらいの患者がいるのでしょうか?

Q4 患者の年齢分布は?

Q5 認知症や精神疾患との関連はありますか?

Q6 受診に結びつけるための対策は?

Q7 診断のポイントは?

Q8 一般医療施設では,治療はどのように進めますか?

Q9 一般医療施設で治療中に気をつけなければならないことは?

Q10 専門医への紹介のタイミングと方法は?

Q11 専門施設ではどんな治療を行っているのですか?

Q12 医療以外にどんなサポートが必要でしょうか?

Q13 フォローアップの基本方針と治療の終結について教えてください。

part 13 自傷癖
松本俊彦 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部 部長


Q1 自傷癖とはどんな病態ですか?

Q2 自傷への依存が起こる背景にはどんな原因が考えられますか?

Q3 国内外ではどれくらいの患者がいるのでしょうか?

Q4 患者の年齢分布は?

Q5 受診に結びつけるための対策は?

Q6 診断のポイントは?

Q7 治療はどのように進めますか?

Q8 治療中に気をつけなければならないことは?

Q9 専門施設の探し方や紹介の方法も含めて,専門医療について教えてください。

Q10 治療後のフォローアップについて教えてください。

COLUMN


変わり種の依存症(株依存,放火癖,抜毛癖・皮膚むしり癖) 樋口 進

依存症医療における言葉の使い方 真栄里仁

心に残る症例:入退院を繰り返したアルコール依存患者 真栄里仁

心に残る症例:「やめ方を教えろ」と訴えた覚せい剤依存患者 松本俊彦

心に残る症例:怖い症状に怯えてもやめられなかった危険ドラッグ依存患者 成瀬暢也

アルコール・薬物・ニコチン依存等の物質使用障害同志の複合 真栄里仁

アルコール・薬物・ニコチン依存と精神疾患の合併 真栄里仁

ネット依存とギャンブル依存との複合的な事例 河本泰信

こんな人は依存症になりやすい 真栄里仁

心に残る症例:万引を繰り返した4人の窃盗症患者 竹村道夫

page top