株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

柏井将文「骨吸収抑制薬の適切な使用法は?【前編】」

2022/08/02

Web医事新報チャンネル(2022/8)

質疑応答【動画版】「骨吸収抑制薬の適切な使用法は?【前編】 」(柏井将文 市立豊中病院整形外科医長)
(視聴時間6分・2022年7月13日収録)

質疑応答【動画版】では、現場の臨床医の先生方から実際に寄せられた質問・疑問を取り上げ、専門家が最新の知見・データに基づいてわかりやすく解説します。
今日のテーマは「骨吸収抑制薬の適切な使用法は?」。市立豊中病院整形外科医長の柏井将文先生にご回答いただきます。(全2回)

骨吸収抑制薬の適切な使用法は?【前編】 
骨吸収抑制薬の適切な使用法は?【後編】

【Question】

  • 一般的に骨粗鬆症の第 1 選択薬として骨吸収抑制薬がありますが、この薬剤の長期投与により低骨代謝回転が起こり、逆に骨質の劣化が惹き起こされるとされています。この薬剤の適切な使用法を教えてください。

編集メモ~ここがポイント!

  • 薬剤をいつから投与したのかを把握することが重要

  • ビスホスホネート系製剤は蓄積性がある
  • 副作用の1つが大腿骨の非定型骨折
  • 5年以上服薬すると非定型骨折のリスクが高まるため、いったん休薬する

【関連動画】

視聴者参加型臨床QUIZ「プライマリケアにきっと役立つ! こどもの整形外科クイズ」(青木 清)

【関連コンテンツ】

page top