株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

尿路不定愁訴(会陰部不快感)×猪苓湯[漢方スッキリ方程式(59)]

No.5103 (2022年02月12日発行) P.14

皆川倫範 (信州大学泌尿器科学講師)

登録日: 2022-02-09

最終更新日: 2022-06-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尿路不定愁訴は,原因がはっきりしない下腹部・会陰部・外性器に認める違和感や不快感のことを言うことが多い。時に,痛み・重い感じ・濡れているような感じ・しみる感じと表現は様々である。無論,尿検査・尿培養・尿細胞診・超音波検査などでいわゆる器質的疾患が除外された前提があってのことである。

実臨床では珍しくない頻度で診察の機会がある。しかし,自覚症状のみで原因の特定・除去が困難なので,対応に苦慮することが多い。男性では慢性前立腺炎,女性では慢性膀胱炎として取り扱われることがある。また,尿路不定愁訴は,過活動膀胱・前立腺肥大症・神経因性膀胱などとオーバーラップして対応されているのが現状である。

一般に,抗生剤,α遮断薬,セルニルトンなどの西洋薬で対応される場合があるが,漢方薬にも一定の有用性があると考えている。

生活指導も併せて行う

尿路不定愁訴に対して清心蓮子飲加味逍遙散当帰芍薬散八味地黄丸牛車腎気丸などが投与されることがある。

今回の症例では前立腺肥大症などの基礎疾患がなかったので猪苓湯を選択した。猪苓湯には消炎作用があるとされ,基礎研究でも膀胱の炎症(過剰な血流増加)を緩和する1)

漢方での炎症はWBCの上昇・炎症細胞浸潤などを前提としない。基本的には症状と理学所見で判断される。ローマ時代のケルススの4徴候(発赤・熱感・腫脹・疼痛)や,それに機能障害を加えたガノレスの5徴候に近い判断での炎症である。

本症例では,検査での炎症はないが,疼痛や不快感を炎症と捉えて猪苓湯を処方した。処方の際は,運動不足やストレスなどにより症状が増悪することがあるので,生活指導も併せて行うべきである。

 


関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

関連物件情報

page top