株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

【識者の眼】「なぜかHPVワクチンが接種されない先進国」倉原 優

No.5010 (2020年05月02日発行) P.63

倉原 優 (国立病院機構近畿中央呼吸器センター内科)

登録日: 2020-04-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HPVワクチンの接種率は、先進国の中では日本が圧倒的に低い。「ワクチン接種後に、麻痺などが起こった」などの様々な有害事象があったためである。現在得られるエビデンスから、ワクチンとの因果関係があるとは考えにくい。しかしながら、「積極的勧奨の中止」の影響が大きく、開始時70%あった接種率が1%未満になってしまった。

なぜ日本だけでこのような事象が起こっているのだろうか?これは、医療従事者の中にもワクチンを否定する言説をとる人が多数おり、それをSNSで拡散しているからだと思う。Twitterなどでインフルエンサーが否定的な発言をすると、ワクチンは危ないという情報が何万人というフォロワーに届いてしまう。

毎年約1万人が発症し、2700人以上が死亡する疾患の予防法を私たち医師は知っている。一部の先進国では、このワクチンは子宮頸癌を「撲滅」するための武器として認識されるようになった。そして現在、日本を除く多くの国で積極的に推奨されている。しかし「積極的勧奨の中止」によってこの武器が使用されないという問題は、現代のSNSが生んだ大きな弊害の1つと言えよう。

この問題、時が止まってもうそろそろ7年になる。

倉原 優(国立病院機構近畿中央呼吸器センター内科)[医療SNS]

ご意見・ご感想はこちらより

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

もっと見る

page top