株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

コロナ肺炎の早期発見で死亡者を減らせる[長尾和宏の町医者で行こう!!(108)]

No.5008 (2020年04月18日発行) P.60

長尾和宏 (長尾クリニック院長)

登録日: 2020-04-07

最終更新日: 2020-04-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当のところ、医師の感染率は?

新型コロナウイルス感染者数の増加が続く4月5日現在、感染症の専門家や日本医師会はオーバーシュートの前に医療崩壊が起こると警告を発した。イタリアやスペイン、米国・ニューヨークの映像を見る限り妥当な判断だ。病院に勤務する医師や看護師の感染も相次いでいて、医療機関は緊迫している。

先日、某市で開業医の集まりがあった。そこに病院の医師も参加する、という知らせを聞いた重鎮が「病院の先生は困る」と呟いたという。それは「自分は感染者ではない」という思い込みから生じる偏見そのものだ。同様に世間の感染者への差別や偏見は、自分は感染者ではないという勝手な思い込みから生じている。所詮、感染は他人事なのだ。一方、都市部ではすでに発熱者の診療のたらい回しが起きている。しかし今、私は問いたい。「そう言う先生は本当に感染者ではないのですか?もし自分が感染者だったら、患者さんにウイルスを撒き散らしているかもしれないという自覚はあるのですか?」と。

血液検体でIgG抗体が迅速測定できる時期になれば日本医師会が音頭を取り、都市部の医師の一斉検査をすべきだ。医師のIgG抗体保有率はどれくらいか。ほぼゼロであれば医師は自分自身の感染を恐れなくてはいけない。しかし、もしも1割でもあれば、「自分は感染を広げるかもしれない」と思って診察する必要がある。緊急事態なので、ソーシャルディスタンスを保った診療形態に変えないといけない。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top