株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

「アイミクス配合錠」「クラビット点滴静注」後発品など15成分が初収載 【薬価収載】

No.4913 (2018年06月23日発行) P.21

登録日: 2018-06-14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は14日、後発医薬品65社308品目の薬価基準への収載を官報で告示した。収載は15日付。

収載品目の内訳は、内用薬が51成分218品目、注射薬25成分43品目、外用薬19成分47品目。

今回、初収載となったのは、表の15成分33規格119品目。このうち、大日本住友製薬の高血圧治療薬「アイミクス配合錠」(一般名:イルベサルタン・アムロジピンベシル酸塩)と第一三共の抗菌薬「クラビット点滴静注」(同:レボフロキサシン水和物)には、原薬、添加物、製法等が先発品と同じ「オーソライズド・ジェネリック」として収載された。

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top