株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

川崎市立多摩病院

登録日:
2019-04-02
最終更新日:
2019-04-16
川崎市立多摩病院

● 住所 〒214-8525 神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37
● 交通 小田急線、JR南武線 登戸駅 徒歩3分


指導医一覧(順不同)

強い足腰を身に着けてほしい

総合診療内科・講師、総合診療センター 副センター長

家 研也 先生

出身大学 千葉大学(2004年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 総合内科専門医、家庭医療専門医

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
人生無駄になるものは何もない

◆ 私の指導指針
米国での指導医養成の経験を活かし、学習者が伸びるための臨床教育を目指しています。安全な環境で、一人ひとりの患者さんを真摯に診療することを通じて、臨床医としての強い足腰を身に着けていただきたいと思います。

● お問い合わせ先 臨床研修センター 
電話 044-933-8111
(代表)
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ



川崎市立多摩病院 概要
アクセス

住所 〒214-8525 神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37
交通 小田急線、JR南武線 登戸駅 徒歩3分


病院PR

私たちは、市民がいつでも、安心し満足できる、愛ある医療を提供します。


臨床研修PR

医師としての使命感に燃え、優れた臨床技能と熱い情熱・魂を持ち、愛ある医療を実践できる良医を育成することを目標に、研修医の皆さんが自ら学び向上することに最大限のサポートをするため、診療科や薬剤・栄養・患者相談・医事・医療情報など、多職種にわたる様々な知識を年間通じて提供しています。
指導するのは臨床指導医をはじめ、病院内の「臨床研修に関わる評価指導担当者」等が行います。また、近隣地域の施設と連携した、総合診療を学べる体制も整えています。

【研修コンセプト】
1.救急災害医療センターでのER診療をベースにした実践力強化
2.総合診療センターを中心とした幅広い内科疾患に対する基礎臨床能力
3.各専門診療科,院外研修施設での幅広い研修内容
4.病院すべてのスタッフおよび院外講師による実践的な教育

【サポート体制】
年間を通じて、モーニングレクチャーを毎週1回開催。臨床指導医はもちろん、様々な関係部署の方々が講師となり、その知識を簡単に分かりやすくレクチャーし、幅広い基礎的な知識の修得をサポートします。
BLSやICLS資格の取得、有名院外講師・すべての職種を含む院内講師による実践的なカンファレンスや手技トレーニング、指導医やTutorによるきめ細やかなフィードバックなど緻密な研修システムが整っています。

【実績紹介(平成28年1月~平成28年12月)】
◆外来患者数 799.7人/日
◆救急外来患者数 34.1人/日
◆救急車搬送患者数 11.3人/日
◆当直 4回/月

● お問い合わせ先 臨床研修センター 
電話 044-933-8111
(代表)
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ

おすすめWebコンテンツサービス

本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい  コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

もっと見る

page top