株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

河北総合病院

登録日:
2019-04-02
最終更新日:
2019-04-17
社会医療法人河北医療財団 河北総合病院

● 住所 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-7-3
● 交通 JR阿佐ヶ谷駅 徒歩5分


指導医一覧(順不同)

「引き出す」指導を心がけています

リウマチ科 総合診療科科長

菊地 英豪 先生

出身大学 和歌山県立医科大学(2003年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 日本内科学会 総合内科専門医、日本リウマチ学会 リウマチ専門医、 指導医、日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医、指導医

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
報怨以徳(うらみのある者に対して、愛情を以て接して恩恵を与えること)

◆ 私の指導指針
「教える」というよりはなるべく本人が持っているものを「引き出す」ことを心がけています。とても難しいですが。

◆ 私の余暇の過ごし方
ジョギング、食べ歩きなど。

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
研修医同士がとにかく仲がいい(毎年不思議に思うくらいですが、同期の研修医達はいつも仲がいいようです)。

◆ ウチの当直
ファーストタッチを対応する研修医が内科系、外科系、循環器内科、産婦人科の院内当直スタッフ医師に適宜コンサルト、指導を受けながら診療をすすめるスタイルを取っています。

◆ ウチはここがステキ
東京都杉並区の中でに永い間「地域密着」しながら診療を続けている点。(特に内科系、外科系専門科、救急外来は)研修医が日常診療の主役である点。

◆ ウチはここがつらい ~頑張りどころなども教えます~
施設の老朽化がどうしても気になるかもしれません。建て替えは計画中のようです。

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
「内科系全般」「外科系全般」で多様な疾患を幅広く経験したい研修医。自ら「主担当医」として主体的に診療にかかわりたい研修医。

【院内・近隣情報】

◆ ここが気に入っています
初期研修医には寮が完備されている点。研修医のサポートをする「臨床研修委員会 事務局」がとにかく親切、充実している! 臨床研修委員長が熱い!

◆ 近隣のおすすめスポット
杉並区、中野区内に数か所点在する公営の室内温水プール。ジムにわざわざ入会する必要ないですよ。

◆ 近隣のおすすめグルメ
病院から徒歩5分のJR「阿佐ヶ谷」駅周辺には小さい居酒屋からお洒落なフレンチレストランまで数多くあり、食事会や飲み会には困りません!

● お問い合わせ先 臨床研修委員会 事務局
電話 03-3339-2194
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ



社会医療法人河北医療財団 河北総合病院 概要
アクセス

住所 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-7-3
交通 JR阿佐ヶ谷駅 徒歩5分


病院PR

社会文化を背景とし 地球環境と調和した よりよい医療への挑戦
質の高い 恕(おもいやり)のある医療を行うとともに 地域の健康向上に寄与する


臨床研修PR

教育を通して一人ひとりの職員が「自分は素晴らしい仕事に従事している」という満足感、充足感を実感することが重要です。知識、技術、態度はもとより職員一人ひとりが充実していることが、結果的に患者さんおよび地域の方々にとっての信頼・安心に繋がっていくのです。

【研修コンセプト】
専門職としての質の向上(知識・技能・態度)と自ら考え行動する個人の育成を目指します。

【サポート体制】
•各診療科での臨床の現場において、プライマリケアからある程度の専門的疾患にいたるまで、幅広く多くの症例を経験することができる。担当指導医中心の医療の見学に偏ることなく、経験豊かな指導医の指導の下、日常の臨床現場の中で実際に考え、行動する経験を積む研修をうけられる体制をとっています。(実践型)
•研修医それぞれが将来的に、いずれの診療科の専門医取得をめざすとしても、対応可能なカリキュラムとなっています。
•全診療科の指導医における基礎講義がカリキュラムに組まれており、研修医に必要な臨床的知識・技能が確実に学べるようになっています。
•シミュレーションセンターにて、研修医に必要な臨床的な手技や蘇生処置などのシミュレーションにおける修練が可能となり、実際の臨床に生かすことができます。

【実績紹介(平成28年1月~平成28年12月)】
◆外来患者数 1190.2人/日
◆救急外来患者数 69.4人/日
◆救急車搬送患者数 23.1人/日
◆当直 4回/月

● お問い合わせ先 臨床研修委員会 事務局
電話 03-3339-2194
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ

おすすめWebコンテンツサービス

本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい  コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

もっと見る

page top