株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

千葉市立海浜病院

登録日:
2019-04-02
最終更新日:
2019-04-25
千葉市立海浜病院

● 住所 〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺3-31-1
● 交通 JR総武線 新検見川駅より海浜病院行バス約20分、JR京葉線 検見川浜より海浜病院行バス約10分


指導医一覧(順不同)

経験ほど価値ある財産はない

小児科 副院長 プログラム責任者

金澤 正樹 先生

出身大学 山梨医科大学(1988年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 小児科専門医、日本小児科学会、日本先天代謝異常学会、日本小児救急医学会、日本小児神経学会

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
努力は人を裏切らない。経験ほど価値のある財産はない!

◆ 私の指導指針
経験させ、自ら解決する力を、能力に応じて積み重ねていく。

◆ 私の余暇の過ごし方
犬と散歩 ガーデニング

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
初期救急を担う千葉市夜間応急診療(平成29年度:内科11,921名、小児科11,906名、救急車受け入れ:2,528件)が院内に設置され、二次救急医療では、小児と周産期救急医療を地域小児科センター及び地域周産期母子医療センターとして常時提供し、内科と外科は2次輪番病院として責務を果たしています。

海浜の救急患者受け入れは年々増加し、平成29年度の救急車受け入れは3,414件で、夜急診と併せて5,942件でした。うち、小児は2,261件でした。また災害拠点と地域がん診療連携協力病院の指定も受けています。

◆ ウチの当直
研修医は必ず指導医と副直します。時間外の救急患者は研修医がファーストタッチできるように配慮しています。当直回数は月4回程度です。

◆ ウチはここがステキ
病床数は293床で、医師数は常勤医が61名、非常勤医が30名です。14名の初期研修医と12名の後期研修医を含みます。コンパクトなので顔の見える関係で、双方向に意見を交わすことができます。救急科が新設され、救急患者が増加しています。

◆ ウチはここがつらい ~頑張りどころなども教えます~
小児と周産期領域は地域の中核病院です。成人領域はこの度、日本病院会の病院総合医育成プログラムの認定施設となり、ホスピタリストの育成をしていきます。

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
小児周産期の専門医を目指す研修医。総合力を磨きたいと考えている研修医。救急の初期対応を数多く経験したい研修医

【院内・近隣情報】

◆ ここが気に入っています
職員宿舎あり、院内保育所あり、身分:非常勤嘱託職員

◆ 近隣のおすすめスポット
幕張新都心、県立幕張海浜公園、ZOZOマリンスタジアムなど

◆ 近隣のおすすめグルメ
ザ・サーフ・オーシャンテラス

● お問い合わせ先 事務局総務班 臨床研修担当
電話 043-277-7711
(代)
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ



千葉市立海浜病院 概要
アクセス

住所 〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺3-31-1
交通 JR総武線 新検見川駅より海浜病院行バス 約20分
   JR京葉線 検見川浜より海浜病院行バス 約10分


病院PR

市民に選ばれる市民のための安心で心あたたまる病院を目指しています。


臨床研修PR

日常一般診療の現場に密着してるという面を重視し、地域医療を率先する医師となるための礎を築くこと、すなわち「市民に選ばれる市民のための安心で心あたたまる病院」という病院理念のもと、プライマリー・ケアー及び入院診療において必要とされる知識・技能・態度を身につけ、医師としての人格を涵養し、自身が医療を通してどのように社会貢献をするかを明らかにすることを目的としています。
また、病床数287床のうち106床が小児と周産期関連(新生児科、産科)の病床であることから、小児科や周産期科関連の症例数の多さ、地域小児科センターと地域周産期母子医療センターでの、24時間救急患者対応など、これらの領域で多様な症例を数多く経験することが可能です。また、協力型臨床研修病院には、内科の総合力が高い千葉市立青葉病院、3次救急診療を経験できる千葉県救急医療センター、小児集中治療科がある東京女子医科大学八千代医療センターがあり、各病院の特色を生かした研修計画の設計が可能となっています。

【研修コンセプト】
ゼネラリストとして患者の訴えに耳を傾け、全身を診察し、適切な判断のもと、チーム医療の一員として基本的な診療能力が発揮できる医師を育成するように考慮されています。

【サポート体制】
小児科は屋根瓦方式の指導体制で、内科は新たに病院総合医(ホスピタリスト)を育成していくプログラムが立ち上がり、研修医を指導していきます。外科系は基本手技を丁寧に指導します。研修実施ガイドラインにより指導医と研修医の共通理解のもと、研修が行われています。

【実績紹介(平成29年4月~平成30年3月)】
◆外来患者数 380人/日
◆救急外来患者数 14.2人/日
◆救急車搬送患者数 9.4人/日
◆当直 4回/月

● お問い合わせ先 事務局総務班 臨床研修担当
電話 043-277-7711
(代)
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ

おすすめWebコンテンツサービス

本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい  コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

もっと見る

page top