株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

長尾和宏の「町医者で行こう!!」

第69回:「臓器不全症」の終末期を議論しよう

第70回:在宅・救急・警察の横断的連携を

第71回:安楽死を巡る最近の議論を読んで

第72回:リビングウイルの意義を考えよう

第73回:国際アルツハイマー病協会国際会議に参加して

第74回:永井友二郎先生と村上智彦先生を悼む

第75回:肺炎診断の遅れに1870万円~介護訴訟増加が医療界に与える影響

第76回:小林麻央さんの死に思う

第77回:「認知症」と「大人の発達障害」

第78回:「遠隔看取りガイドラインは医師法20条の拡大解釈。1948年に施行された法律が、約70年ぶりに現代版にアレンジされた」 『遠隔看取りガイドライン』の実効性と課題

第79回:慢性期医療学会に参加して

第80回:「長崎方式」に学ぶ

第81回:なぜ医師は医師法20条を理解できないのか

第82回:小室会見を契機に介護離職の国民的議論を

第83回:医師も金融老年学を学ぶ時代

第84回:新しい終末期ガイドラインを“忖度”する─“ACP原理主義”への懸念

第85回:介護医療院が在宅医療に与えるインパクト

第86回:「認知症鉄道事故裁判」をどう活かす

第87回:終末期の深い持続的鎮静を巡る議論

第88回:不眠大国ニッポンにおける“ベンゾクライシス”

第89回:フランスでの抗認知症薬の保険適用除外をどう受けとめる

第90回:大規模・長時間停電と在宅患者さん

第91回:施設系在宅における医療と介護の連携

第92回:在宅医の働き方改革

第93回:介護認定審査がAIに代わる日

第94回:医薬連携の現状と未来

第95回:医師法21条医事課長通知の撤回を求める

第96回:透析中止報道に見るメディアの自殺

第97回:心肺蘇生を望まない終末期患者への救急隊の対応

第98回:町医者から見た小多機と看多機

第99回:死因第3位になった老衰

第100回:保険診療規則を変えれば在宅医療は増える

第101回:映画『痛くない死に方』撮影日記

第102回:良質な在宅医療は救急搬送と入院を減らす

第103回:研修医と在宅医療

第104回:リビングウイルを入り口とした人生会議

第105回:『小説「安楽死特区」』を書いた理由

第106回:第4回全国在宅医療医歯薬連合会にようこそ

第107回:新型コロナウイルス感染症対策は地域包括ケアのフェーズに

第108回:コロナ肺炎の早期発見で死亡者を減らせる

第109回:COVID-19に対する医療機関の機能分化を─かかりつけ医の役割の提案

第110回:COVID-19による介護崩壊を防ごう

第111回:「ウィズコロナ」に変わるため開業医にも武器を!

第112回:コロナ禍に伴う認知機能悪化と「シャムズ」

page top