株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

まとめてみました 最近気になること

No.4838:高齢者中心に負担見直し  医療保険制度はこう変わっていく

No.4841:『遺伝性大腸癌診療ガイドライン』が改訂 ─家族性大腸腺腫症とリンチ症候群の診断に活用を

No.4842:学術会議が安全保障と学術の関係を議論 ─問われる科学者の使命と責任

No.4847:かかりつけ医機能のあり方と評価 “ゲートキーパー機能”“24時間対応”がカギ

No.4848:どこまで治療する?高齢者のがん JCOGが研究指針を提示

No.4852:急増する急性腎障害にどう対処? 日本腎臓学会などがガイドラインを作成

No.4853:どうなる?医師の働き方改革─「働き方調査」からみる勤務実態

No.4854:日本学術会議が新たな声明を決定─大学に軍事的安全保障研究への対応求める

No.4855:呼吸器学会『成人肺炎診療ガイドライン』高齢者の肺炎は積極的治療控える選択肢も

No.4856:地域医療構想が全都道府県で策定完了─2025年、機能ごとの病床数は?

No.4857:医薬品広告、講演会の適正なあり方とは─J-CLEARセミナーから

No.4858:官邸・財務省が求める社会保障制度改革─“自然増”と受診回数の抑制がカギ

No.4859:大腸肛門病学会が『便失禁診療ガイドライン』を作成─推計患者500万人は治療が可能

No.4860:医療法が大幅改正─ウェブサイトの誇大表現が法規制対象に

No.4862:次期改定で遠隔診療はどう評価される?「対面診療との適切な組み合わせ」がカギ

No.4863:医薬品安全対策を迅速化─「MID-NET」が来年度本格運用

No.4864:第193回通常国会で成立した法律で医療・介護はどう変わる?

No.4865:勤務医の年俸に「時間外手当は含まれない」注目の最高裁判決が与える影響は?

No.4866:糖尿病学会と老年医学会が本邦初の『高齢者糖尿病診療ガイドライン』を作成

No.4867:“第2の豊洲”、都立広尾病院が現地建て替えへ─移転騒動を振り返る

No.4869:新専門医制度の来年4月開始が正式表明─総合診療専門医は結局どうなった?

No.4871:癌治療学会が小児、思春期・若年がん患者の「妊孕性温存に関する診療ガイドライン」を初刊行

No.4872:どう薬を減らす?─高齢者の医薬品適正使用ガイドラインを厚労省が作成へ

No.4873:地域枠強化や訪問診療の整備目標を記載─第7次医療計画のポイント

No.4874:「働き方改革関連法案」要綱が答申─医師にも関わる改正ポイントはここだ

No.4875:新たな「標準プログラム」が4月にスタート─特定健診・保健指導はどう変わる?

No.4877:A香港とH1N1pdm09両方に要警戒 インフルエンザ2017/18に備える

No.4878:日本医師会「女性医師バンク」就業件数が増加した理由は?

No.4880:「認知症疾患診療ガイドライン」が7年ぶりに改訂 新基準に基づく診断で適切な治療を

No.4881:これだけは知っておきたい!「DPC制度」for beginners

No.4883:導入近づくオンライン資格確認 医療機関の窓口はこう変わる

No.4885:見えてきた介護医療院の姿─人員・施設基準が明らかに

No.4886:『慢性便秘症診療ガイドライン』が初刊行 刺激性下剤は常用せず頓用に

No.4888:「カジノ解禁」決定から1年 ギャンブル依存症対策は進んでいるのか?

No.4890:飲食店への規制から見る受動喫煙防止対策 各都道府県の取り組みは?

No.4891:医療法・医師法改正へ 医師偏在対策はどう変わるのか

No.4892:日本サルコペニア・フレイル学会が『サルコペニア診療ガイドライン』を初刊行

No.4894:じわりと進む医師高齢化─診療所医師の4割が65歳以上の県も

No.4895:医療への活用を目的とした最先端機器も多数登場 ロボット総合展に行ってきました

No.4896:『高齢者脂質異常症診療ガイドライン』余命1年の患者のスタチン中止は安全

No.4897:看護師の特定行為研修制度─創設から2年余の現状とこれから

No.4902:『肺癌診療ガイドライン2017年版』が公表─GRADEに基づく新推奨度を導入

No.4903:後発品置換えを強力推進─長期収載品引下げの新ルールの影響

No.4904:『C型肝炎治療ガイドライン』改訂─新薬を第一選択の1つに追加

No.4906:動き出した移行期医療の体制整備─医療者向けガイドもまもなく公表

No.4907:注目が集まる腹膜透析─現状は全透析の2.7%、その利点は

No.4908:次世代医療基盤法が施行─医療分野のビッグデータ研究を促進

No.4909:小児の予防可能死を減らす─チャイルド・デス・レビューとは?

No.4911:『てんかん診療ガイドライン』を日本神経学会が8年ぶりに改訂

No.4912:『ED診療ガイドライン』が6年ぶりの改訂─CQ方式の導入など内容を一層充実

No.4913:改正医療法による新広告規制─保険医療機関が注意すべきポイント

No.4914:増加する大腸憩室症に本邦初のガイドライン─バンド結紮術はエビデンス集積が課題

No.4915:対策進む、抗菌薬適正使用─診療所など外来での対応は

No.4917:外国人患者の受け入れ体制構築が急務健康保険の不適切な利用にもメスを

No.4918:『乳癌診療ガイドライン』3年ぶりに改訂患者と共に意思決定をするツールに

No.4920:『CKD診療ガイドライン2018』、ガイドとガイドラインを統合し、全面改訂

No.4922:実現迫るデータヘルス改革─全国の医療機関で患者情報の共有が可能に

No.4923:不眠大国にまた浮上したサマータイム─「睡眠の日」に健康影響を考える

No.4924:「喘息予防・管理ガイドライン」3年ぶり改訂─非専門医にも診断・治療が分かりやすい構成に

No.4927:各感染症の出席・出勤停止期間は?

No.4929:解決なるか?医療機関の消費税問題─三師会・四病協提言の「新たな仕組み」とは?

No.4930:迫りくる「心不全パンデミック」─2035年に向け備えるべき医療提供体制は

No.4934:相次ぐ不適切な医薬品プロモーション─開業医が企業情報に賢く向き合う方法は?

No.4935:世界から見たHPVワクチン─取り残されている日本

No.4938:ピロリ菌は陰性、胃粘膜にはリンパ腫様の病変…“真犯人”はハイルマニイ菌?

No.4939:PPIの効果的な服用のタイミング

No.4940:バイオシミラーの臨床導入─現場で何が課題になっているのか

No.4944:1月1日から梅毒の発生届が変更─報告数の増加を受けてより詳細に

No.4954:医薬品添付文書の新記載要領が施行─現場が注意すべきポイントは?

No.4961:児童虐待から子どもを救うために、医師はどう向き合えばよいのか

page top