株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

インフルエンザ診療ガイド2018-19

推薦のことば

編著・執筆者(執筆順)

chapter

chap. 1 インフルエンザ総論

A. これからのインフルエンザ対策

B. ウイルス学的知見

column 1 スペインかぜから100年―旧日本軍におけるスペインかぜの考察から

chap. 2 鳥インフルエンザ

A. A(H7N9)の診断と治療

B. A(H7N9)およびその他の亜型ウイルス

column 2 中国で発生した高病原性H7N9鳥インフルエンザウイルスのパンデミックポテンシャル

chap. 3 予防・治療

A. 小児

B. 成人・高齢者

C. 妊婦

D. 高齢者施設における感染予防

chap. 4 検査・診断

chap. 5 脳症の診断・治療

chap. 6 インフルエンザ治療薬

chap. 7 ノイラミニダーゼ阻害薬の耐性

chap. 8 インフルエンザワクチンの効果,有効性

A. 現行の不活化インフルエンザワクチンとその効果

B. インフルエンザワクチン 内科での効果

chap. 9 医療関係者のインフルエンザ対策

Q&A

Q1 抗インフルエンザ薬を投与した場合のウイルス排出期間はどのくらいですか?

Q2 発症後12時間以内は迅速診断キットの感度が低いので,検査まで12時間以上待つべきでしょうか?

Q3 ザナミビル,ラニナミビルの耐性は出るのでしょうか?

Q4 微熱, あるいは無熱のインフルエンザ感染者の頻度は?

Q5 気管支喘息患者がインフルエンザに罹患した場合のステロイド吸入・内服投与は?

Q6 血液腫瘍患者,HIV患者など免疫が低下している場合のインフルエンザワクチンの効果は?

Q7 透析患者のインフルエンザ対策はどのようにすべきですか?

Q8 マスク・手洗い・うがい,そして浮遊ウイルス失活を標榜する各種製品のインフルエンザ予防効果は?

Q9 インフルエンザの出席停止基準・期間と,学級閉鎖の判断はどのようにすべきですか?

Q10 CPT-Ⅱ遺伝子多型とインフルエンザ脳症の関係とは?

Q11 インフルエンザに対する漢方治療の有効性は?

Q12 沖縄県でのインフルエンザ流行の特徴は?

Q13 院内感染防止対策として,オセルタミビルの治療量を予防として使用するのはどうでしょうか?

Q14 まだワクチンを接種していないうちに,A(もしくはB)型インフルエンザ罹患後にB(もしくはA)型のワクチン接種を行うタイミングは?また,小児で2回目接種前にA(もしくはB)型インフルエンザに罹患した場合はどうすればよいでしょうか?

Q15 インフルエンザの発症早期における迅速診断キットの感度と,早期のノイラミニダーゼ阻害薬の影響は?

page top