株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

jmedmook22 あなたも名医!漢方を使いこなそう 日常診療で使えるあんな処方、こんな処方

日常診療でよく出会う症状には、こんな漢方処方がフィット!

定価:3,850円
(本体3,500円+税)

数量

カートに入れる

定期購読する

立ち読み

編集: 佐藤 弘(東京女子医科大学東洋医学研究所所長)
判型: B5判
頁数: 168頁
装丁: カラー
発行日: 2012年10月25日
ISBN: 978-4-7849-6422-2
付録: -
「これから漢方薬を使ってみたい」、「自分の専門領域の漢方薬の使い方なら知ってるけど、専門領域以外でも使おうか」と考えている医師必見の一冊!
いきなり漢方医学的な考え方(証)のもとに漢方薬を使用することはムズカシイ!そこで
臨床経験が豊富で漢方医学の専門的知識を持ち合わせた先生方にご自身の経験に基づいて何が重要な症候なのか、少数のキーとなる症候を示しながら、
それぞれの漢方薬の使用目標が容易にわかるよう簡潔に述べて頂きました。
本書を読むことで漢方薬の効果を実感し、日常診療の中に漢方処方をより有効に取り込んでみてはいかがでしょうか。

目次

第1章 初めて漢方を使うジェネラリストのために─押さえておきたい用語と基本的知識
1.漢方処方に際して最低限知っておきたい用語はこれだ!
2.日常診療で漢方を上手に使うために知っておきたいことあれこれ
第2章 全身症状のみられる患者さんでどう使う?
1.易疲労・倦怠感
2.発汗・寝汗
3.浮腫
第3章 消化器症状のみられる患者さんでどう使う?
4.食欲不振
5.胃もたれ
6.胸焼け
7.悪心・嘔吐
8.腹痛・腹部膨満感
9.便秘・下痢
第4章 呼吸器・循環器症状のみられる患者さんでどう使う?
10.咳・痰
11.胸痛・胸部不快感
12.動悸
第5章 精神・神経症状のみられる患者さんでどう使う?
13.不眠
14.頭痛
15.易怒性(認知症行動心理症状を含む)
16.うつ症状
第6章 耳鼻咽喉科・眼科症状のみられる患者さんでどう使う?
17.めまい
18.鼻水・鼻づまり
19.咽喉頭異常感
20.流涙症(アレルギー性結膜炎)
第7章 泌尿器・婦人科症状のみられる患者さんでどう使う?
21.頻尿・排尿困難
22.月経不順・月経困難
23.更年期障害(冷え・のぼせ)
24.不妊
第8章 皮膚症状のみられる患者さんでどう使う?
25.かゆみ
26.蕁麻疹
第9章 運動器症状のみられる患者さんでどう使う?
27.腰痛
28.膝関節痛
29.肩の痛み(肩関節痛)
30.肩こり
31.しびれ
32.筋痙攣・筋肉痛
33.手足のほてり
第10章 小児の患者さんでどう使う?
34.いわゆる虚弱児

もっと見る

閉じる

序文

巻頭言
現在8割を超える医師が漢方薬を使用しているといわれ,多くは自分の専門領域の,比較的少数の漢方薬を使っているのではないかと思われます。
確かに疾患名に対応させて用いることで,一定の効果を実感できる場合も少なくありません。しかし実際には,同一疾患あるいは同一症状であっても,種々の漢方薬を使いわける必要があります。ただ,「これから漢方薬を使ってみたい」「専門領域以外で扱う疾患(ないし症状)にも使おうか」と考えておられる医師にとって,いきなり漢方医学的な考え方(証)のもとに漢方薬を使用することは容易ではありません。しかも,実際漢方薬を使用して効果を実感できなければ,使用範囲を広げようとする動機にはならないと思われます。€
そこで本書は,それぞれの領域で臨床経験が豊富で,漢方医学の専門的知識を持ち合わせた先生方に,ご自身の経験に基づいて,各症状に対する漢方薬の使用目標を簡潔に述べて頂くことで,読者に漢方薬の効果を実感して頂き,将来漢方医学的考え方に則って治療することへの橋渡しとなることを意図しています。したがってここに書かれている内容は,必ずしも成書に書かれていることと同じではありません。€
また本書では,疾患ごとにではなく,症状を中心として論じて頂くことにしました。わが国では近代医学の体系が保険医療の基礎になっていますので,疾患名に対応させて治療を考えるほうがなじみのあることとは思います。しかし目の前の患者さんが,どのような疾患かがわからない場合も多いことは先に述べたとおりです。€
さらに,単に該当疾患あるいは症状に対しよく用いられる処方を並べただけの解説,あるいは多くの症候が述べられているものでは,何が重要な症候なのかがわかりません。少数のキーとなる症候を示すことで,それぞれの漢方薬の使用が容易になると考えて,各執筆者にそのような構成で論を展開してもらいました。€
本書を通じて,一人でも多くの医師が漢方医学へ興味を持ち,漢方処方を日常診療の中により有効に取り込んで頂くきっかけとなり,ひいては患者さんにとってよりよい治療につながればと願っています。

もっと見る

閉じる

正誤情報

下記の箇所に誤りがございました。謹んでお詫びし訂正いたします。

・ 101ページ 下から,14行目,7行目,3行目の文末の文献番号

〈誤〉「【5)は間違いです 】 14行目「…と診断します5)。」,7行目「…と考えられています5)。」,3行目「…という説もあります5)。」」→〈正〉「【正しくは1)です】14行目「 …と診断します1)。」7行目「…と考えられています1)。」3行目「…という説もあります1)。」」

もっと見る

閉じる

シリーズ書籍

もっと見る

関連書籍

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

関連物件情報

もっと見る

page top