株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

脳腫瘍(小児)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-26
寺島慶太 (国立成育医療研究センター小児がんセンター脳神経腫瘍科医長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    脳腫瘍(brain tumor)は小児癌の中で白血病についで多く,小児癌死亡の主要な原因である。多くの異なる腫瘍の総称であり,各組織型によって治療戦略は大きく異なる。

    ■代表的症状・検査所見1)

    【症状】

    小児の脳神経腫瘍の症状は多彩であり,時に見逃されやすい。原則として,症状は中枢神経経路の障害によって生じるが,非特異的な症状である頭痛や吐き気が診断時の最も多い症状である。

    脳腫瘍を疑う小児における神経学的診察の評価項目は,意識状態,脳神経,運動神経,感覚神経,腱反射,協調運動,歩行である。

    【検査所見】

    CT:症状に緊急性がある場合はCTを撮影するが,単純CTでは脳幹部,小脳,鞍上部の腫瘍,そして白質の浸潤性腫瘍が見逃されやすいことは注意すべきである。

    MRI:脳腫瘍を疑う異常像を認めた場合,または引き続き脳・脊髄腫瘍の存在が否定できない場合には,脳と全脊髄の単純およびガドリニウム造影MRI撮影を行う。

    生化学:小児脳腫瘍の確定診断には,一部の例外を除いて摘出または生検標本による病理診断が必要であるが,希少かつ種類の豊富な小児脳腫瘍において,中央病理・分子診断を積極的に考慮すべきである。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top