株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

リンパ腫

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-29
加藤元博 (国立成育医療研究センター小児がんセンター移植・細胞治療科医長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    リンパ腫(lymphoma)はリンパ組織から生じた悪性腫瘍である。病型の分布が異なるものの,小児から成人までみられる疾患であり,小児のリンパ腫の発症数はわが国で年間に100~200人である1)。治療戦略の決定や遂行には,化学療法に習熟した小児科医のほか,小児外科医,放射線科医,病理医の連携が必要なため,専門施設で治療されなければならない。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    リンパ腫細胞の浸潤によりリンパ節が腫大することで様々な症状がみられる。腹腔内リンパ節の腫大による腹部膨満のほか,腫大リンパ節が先進部となって腸重積をきたすこともある。また,縦隔リンパ節の腫大により気管の圧迫をきたし,呼吸困難に至ることもしばしばある。

    【検査所見】

    画像:単純X線,造影CT,造影MRIにて腫大したリンパ腫の病変が描出される。腫瘍に伴って胸水・腹水が貯留することも多い。

    血液検査:LDHや可溶性IL-2受容体が上昇することが多いが,非特異的である。骨髄浸潤を伴う場合,血球減少がみられることもある。生検標本により病理学的に診断される。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top