株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

心疾患合併妊娠

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-25
田中博明 (三重大学医学部産科婦人科)
池田智明 (三重大学医学部産科婦人科科長・教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    妊娠中は,体液循環量の増加のみならず,血液学的,呼吸機能的,内分泌学的,自律神経学的な変化をきたし,心拍出量と心拍数の増加,不整脈の増加,凝固能の亢進,大動脈中膜弾性線維の断裂と大動脈拡張が生じる。

    分娩時は,陣痛,出血,分娩直後の静脈還流増加などによって,急激な循環動態変化が起こる。そのため,心疾患の種類・重症度によっては,妊娠・分娩がハイリスクと考えられる疾患がある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    軽度の心疾患は,無症状であることが多い。

    中等度,重度の心疾患は,妊娠継続に伴い,息切れ,動悸などの心不全や不整脈による症状を認めることがある。

    【検査所見】

    循環動態を把握するため,必要に応じて心臓超音波検査,心臓MRI,心電図,ホルター心電図,心臓カテーテル検査,血液検査(BNPなど)を実施する。

    検査所見は,心疾患の種類,重症度によって判断する。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top