株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

口唇裂・口蓋裂

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
片倉 朗 (東京歯科大学口腔病態外科学講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    口唇裂,口蓋裂は顔面に発生する先天異常の中で最も多く発生し,胎生8週までの胎芽期における発育障害のために発生すると考えられる。口唇裂,口蓋裂,口唇口蓋裂の3つの病態に分類される。

    発生率は日本では約600人に1人である。左側に多く発生し,他の臓器に先天異常を認めることがあり,症候群の一症状として認められることも多い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    口唇裂では審美障害,言語障害を認め,顎裂を合併すると歯列不正による審美障害,咀嚼障害が伴う。口蓋裂は鼻咽腔閉鎖機能不全により哺乳障害,咀嚼障害,言語障害ならびに上顎の発育障害が発生する。

    上顎の劣成長に伴い,成長終了時に相対的な上顎後退,下顎前突による反対咬合を呈することが多い。

    【検査所見】

    口蓋裂一次手術施行患児に対する言語管理のための検査と評価:言語管理はコミュニケーションがとれるようになる3歳頃より言語発達の評価とともに定期的に行う。その際に,開鼻声と異常構音などの聴覚的所見を評価する。さらに,ブローイング検査,鼻息鏡を用いて鼻漏出の程度を評価する。これらの所見を参考にして言語訓練を定期的に継続していく。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top