株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

鼻骨骨折

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-25
松根彰志 (日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    鼻骨は,前頭骨,上顎骨前頭突起と接しており,上2/3は篩骨正中板,下1/3は薄くなり鼻中隔軟骨によって支えられている。受傷直後は腫脹や開放創の程度の違いにより顔貌からの評価は難しいことがあるので,画像検査等で正確に評価した後に速やかな整復術を行うことが基本である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    頭痛,鼻根部の疼痛,発赤または内出血を伴う腫脹,鞍鼻など外鼻の変形などの症状がみられる。

    【検査所見】

    Waters法や鼻骨側面撮影法などの単純X線検査(図1),軸位CT(図2),さらに触診によってほぼ正確に診断することが可能である1)

    18_42_鼻骨骨折

    周囲骨(軟骨)構造との関係で,鼻骨骨折は,①鼻骨陥凹骨折,②open-book型,③鼻骨鼻中隔複雑骨折,の3つのタイプに分類されている。整復,固定の手技,方法を検討するために重要な情報である2)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top