株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
村上信五 (名古屋市立大学大学院医学研究科耳鼻咽喉・頭頸部外科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    特発性顔面神経麻痺(idiopathic facial nerve paralysis)は,人口10万人当たり20~30人が発症する最も高頻度の末梢性顔面神経麻痺である。ベル麻痺(Bell's palsy)と呼ばれる。

    病因は不明とされているが,単純ヘルペスウイルスの関与が強く示唆されている1)

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    片側の顔面表情運動が均一に麻痺し,前駆症状として後頭部痛や肩こりを伴うことが多い。

    重症例では流涙低下によるドライアイや味覚障害を伴う。

    【検査所見】

    機能検査:麻痺側で誘発筋電位の低下,アブミ骨筋反射の閾値上昇あるいは消失,流涙低下,味覚の閾値上昇がみられる。

    画像検査:ガドリニウム造影MRIで,麻痺発症早期に顔面神経の膝部から迷路部が造影増強される。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top