株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

精巣腫瘍

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-24
河合弘二 (筑波大学医学医療系腎泌尿器外科講師)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    精巣胚細胞腫瘍(精巣腫瘍)の大部分は20~40歳代に好発する胚細胞腫であり,たとえ転移していても,適切な化学療法と手術療法を行えば90%近くの症例で治癒が期待できる。

    一方で中途半端な治療は治癒率を低下させる危険がある。したがって,特に転移例の治療は円滑な集学的治療が可能な施設で行うべきである。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    典型的には無痛性の陰嚢内容腫大を主訴とするが,10~20%は痛みを伴うとされる。この場合,精巣上体炎との鑑別が重要であり,仮に精巣上体炎と診断しても,短い間隔での経過観察を行い,精巣上体炎としての臨床経過に矛盾しないことを確認する必要がある。

    【検査所見】

    腫瘍マーカーとしてLDH,AFPおよびhCGが重要である。これらは診断のみならず病期分類および転移例に対する治療計画立案のためのIGCC分類(表1)に必須である。

    16_05_精巣腫瘍

    hCG測定キットはmIU/mL表記のものを用いる必要があり,ng/mL表記のキットはIGCC分類には使えない。

    画像検査として精巣超音波が有用であり,転移検索には胸部腹部および骨盤部の造影CTが求められる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top