株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

小児肘内障

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
清水弘之 (蓮村整形外科内科院長)
今村惠一郎 (今村整形外科医院院長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    保護者などに手を前腕回内位で急に引かれると橈骨頭が輪状靱帯から逸脱し,亜脱臼の状態になる。

    この疾患は橈骨頭周囲の輪状靱帯が柔軟な幼少児に特有な病態である。

    再発しやすいが,成長とともに発生しなくなる。

    受傷エピソードとして引っ張ったようなことがない場合(急に泣き出した場合や机からの転落,兄弟同士の喧嘩など)では骨折を疑い,肘周囲の腫脹,変形を確認する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    患児が手を引っ張られた後に上肢を垂らし,やや肘は屈曲,前腕回内位で痛がって動かそうとしない。健側の手で患側を支えていることもある1)

    手を引っ張られる以外に腕を振り回される,肘が体の下敷きになるなど,肘が長軸へ引っ張られるだけでなく,回内方向へのねじれでも起きる。

    肘周囲の腫脹や変形はない。しかし橈骨頭周囲に圧痛があり,同部に触られるのを嫌がる。

    5歳以下の子どもに多いが,8歳以上でも稀にみられる。

    女子のほうが男子より多いとされている。

    【検査所見】

    患側に引っ張られたエピソードがあり,外観上で肘周囲に腫脹や変形がなければ,一般的にはX線で確認する必要はない。

    小児肘内障のX線像では明らかな異常はない。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top