株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

発育性股関節形成不全・先天性股関節脱臼

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
三谷 茂 (川崎医科大学骨・関節整形外科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    乳児期に関節包内で股関節が脱臼するものは従来,先天性股関節脱臼と称されていた。程度によって脱臼,亜脱臼,寛骨臼形成不全に分類されてきたが,これらは厳密に分類されるものではなく,最近では寛骨臼形成不全を伴う不安定股の総称として,発育性股関節形成不全(developmental dysplasia of the hip:DDH)を用いるようになっている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    股関節開排制限,鼠径皺・大腿皺の非対称,患側下肢の短縮,アリス徴候,股関節開排時に脱臼位から整復されるときおよび再脱臼するときのクリック,アヒル様歩行,トレンデレンブルグ徴候。

    【検査所見】

    単純X線・超音波断層像で寛骨臼形成不全,大腿骨頭の側方化および頭側への移動()。

    15_54_発育性股関節形成不全・先天性股関節…

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top