株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

ペルテス病

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-21
二見 徹 (長野県立こども病院整形外科部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    骨端線閉鎖前の大腿骨近位骨端部への血流障害によって生じる壊死性疾患。

    3~12歳までに多く,5~8歳の男子が最も罹患しやすい(男女比約5:1)。

    成人の大腿骨頭壊死と異なり,修復と骨再生を認める。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    徐々に増悪する跛行が主症状で,膝や大腿部に疼痛を訴えることが多い。

    股関節の可動域制限(特に内旋・屈曲内転),大腿四頭筋の廃用性萎縮を呈する。

    【検査所見】

    単純X線像:骨頭に骨硬化像や透亮像を認め,荷重部が扁平化。

    MRI:早期診断に有用。T1,T2強調像で低信号を呈し,阻血を示す。

    【初期診断上の注意点】

    本症では診断がしばしば遅れることがある。以下の点に留意する。

    ①10歳以下で跛行が主訴であれば,常に本疾患を鑑別疾患として考える。

    ②疼痛部位が股関節以外(大腿や膝)でも,股関節の可動域と大腿周囲径を測定する。

    ③単純X線撮影は必ず2方向とし,判断に迷うときはMRIを撮影する。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top