株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

特発性膝骨壊死

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
齋藤知行 (横浜市立大学医学部整形外科学教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    1968年にAhlbäckにより報告された高齢者の退行性膝関節疾患である1)

    男女比は1:3で女性に多く,65~70歳に好発する2)

    変形性膝関節症に比較し,患者は痩せ形の体型で,膝の内反変形も軽度である。

    骨髄内病変であるが,関節軟骨近傍に発生するため,軟骨変性をきたす。

    病変の進行とともに関節面の不適合により,変形性膝関節症に移行する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    突然発症する激しい内側関節裂隙部の疼痛を特徴とする。

    疼痛は激烈で,発症から直ちに受診する例が多い。

    夜間痛を伴うことが多い。

    平地歩行時よりも階段昇降など膝関節に負担のかかるときに疼痛を自覚する。

    関節水症により膝関節上嚢全体が腫脹する。

    疼痛により膝関節の可動域制限が生じる。

    【検査所見】

    〈典型的なX線所見〉

    大腿骨内側顆が好発部位で,単純膝関節正面X線像により,関節面の直上に硬化暈(sclerotic halo)で囲まれた半卵円形の透亮像を示す。軟骨下骨が平坦化した石灰板(calcified plate)を認める()。

    15_41_特発性膝骨壊死

    〈X線学的経過と病期分類〉

    発症初期ではX線学的に病的所見を認めず,その後,大腿骨内側顆部に骨吸収像とその周囲に硬化像が出現する。軟骨下骨が脆弱化して陥没し,石灰板が形成される。最終的には変形性膝関節症に移行する(3)

    15_41_特発性膝骨壊死

    〈骨シンチグラフィー,MRI〉

    骨シンチグラフィーではX線学的に所見のない初期でも集積像を認める4)

    MRIでは病巣の形態,病巣内関節液の流入,周辺の骨髄浮腫などが明瞭に描出され,診断に有効である。

    〈関節液検査〉

    関節液の性状は黄色漿液性で混濁はない。

    〈血液検査〉

    特徴的な検査所見は認めない。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top