株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

変形性肘関節症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-20
島田幸造 (大阪病院救急部部長,スポーツ医学科)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    原因の明確でない(おそらくは使いすぎによる)一次性のものと,外傷や関節炎の後に続発する二次性のものがある。肘関節の可動域の制限と疼痛を主訴とする。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    軟骨の変性に伴って骨棘が形成され,屈伸時の衝突(インピンジメント)により可動域制限を呈する。

    骨棘の衝突はやがて可動範囲の終末域で疼痛を生じ,骨棘が疲労骨折を呈すると疼痛が増強する。これを繰り返しながら進行する例が多い。

    【検査所見】

    X線像にて腕橈関節裂隙の狭小,尺骨鉤状突起や肘頭先端の骨棘形成を認める。インピンジメントを呈する責任病巣の描出にはCTによるMPR(multi planar reconstruction)像や3D-CT像が有用である。関節リウマチ(rheumatoid arthritis:RA)などとは異なり,血液検査上の炎症反応は通常陰性である()。

    15_03_変形性肘関節症

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top