株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

股部白癬

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-26
清 佳浩 (帝京大学医学部附属溝口病院皮膚科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    弧状の病変が認められ,辺縁に炎症が目立つ。いわゆる"いんきん"と称される疾患である。

    カンジダ症を合併したり,股部白癬ではなくカンジダ性間擦疹のこともある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    多くは辺縁に炎症があり,中心治癒傾向のある環状の病変が認められる()。

    14_48_股部白癬


    菌種はTrichophyton rubrumが大部分で,Trichophyton mentagrophytesが10%程度,わずかにEpidermophyton floccosumが検出される。

    いわゆる"いんきん"と称される疾患である。合併することがよくある間擦部ないしはおむつ部のカンジダ症が特徴である。

    【検査所見】

    前項「§14-47 体部白癬」と同様,白癬菌菌要素を検出することで確定診断できる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top