株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

凍瘡

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-20
河合幹雄 (広島大学大学院医歯薬保健学研究科皮膚科学)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    凍瘡とは,いわゆる"しもやけ"で,気温4~5℃,日内気温較差が10℃以上の初冬や初春に生じやすい。かつて学童期に多かったが最近は激減し,中高年によくみられる。女性に多い。

    発症機序として,遺伝的素因や発汗による湿潤に加え,寒冷曝露による血流障害とその回復力の低下が推定されているが,血管自体の形態学的な異常はなく,正確な発症機序は不明である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    寒冷に曝露した既往があり,循環障害の起こりやすい部位(指趾,耳朶,頬部,膝蓋,前腕など)に腫脹,うっ血,水疱,びらん,潰瘍を生じ,そう痒を伴う。そう痒は入浴で増強する。

    樽柿型(T型)と多形紅斑型(M型)に分けられる。前者は全体が紫藍色,うっ血性に腫脹するもので,後者は小紅斑,小丘疹からなる多形滲出性紅斑の症状を呈する。

    【検査所見】

    凍瘡と診断する特異的な検査所見はないが,全身性エリテマトーデスに合併することがしばしばある。甲状腺機能低下症の合併もある。

    成人で冬季以外にも発生する場合には,末梢血,抗核抗体,甲状腺機能などの検査が行われる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top