株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

痒疹

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
水川良子 (杏林大学医学部皮膚科学教室准教授)
狩野葉子 (杏林大学医学部皮膚科学教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    日本皮膚科学会の「慢性痒疹診療ガイドライン」1)によれば,痒疹とは痒疹丘疹を主徵とする反応性皮膚疾患と定義されている。

    痒疹は急性痒疹,亜急性痒疹,慢性痒疹に分類されるが,治療に難渋する慢性痒疹を中心に概説する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    慢性痒疹は結節性痒疹と多形慢性痒疹に分類される。

    結節性痒疹は表面やや角化性の指頭大前後の結節で,掻破痕を伴うことが多い。周囲に発赤を認めることもある。四肢伸側に好発することからも掻破行動が誘因あるいは悪化要因の1つであると推察される。そう痒は発作的に強く,掻破行動を我慢することは大変困難であることが多い。

    多形慢性痒疹は,蕁麻疹様丘疹が初発とされ,個疹はバラエティに富む。経過とともに充実性の丘疹となり集簇融合して局面を形成する。urticarial dermatitisという病名も時に使用されている。

    【検査所見】

    基礎疾患がなければ検査異常は必ずしも伴わない。

    アトピー素因などがあれば末梢好酸球の増加や,血清IgEの上昇を伴う。

    肝機能障害や腎機能障害を含め,各種内臓疾患に伴う痒疹では,それぞれの病態に伴う検査異常を認める。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top