株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

汗疱・異汗性湿疹

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-09-22
竹内 聡 (浜の町病院皮膚科部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    汗疱,あるいは異汗性湿疹は夏季などに手や足に小水疱および角質剥離が出没する疾患である()。汗の貯留現象であるとして命名されたが,病理学的には湿疹反応であり,手湿疹の一種と考えられている。

    14_06_汗疱・異汗性湿疹

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    夏季や季節の変わり目に手指や手掌,足底,足縁に径1~3mmほどの小水疱および角質剥離が出没する。

    しばしば湿疹病変を伴い,爪囲病変が強い場合は爪変形をきたす場合もある。ゴム手袋や靴の頻用,長時間着用などで手足が蒸れる場合,季節にかかわらず症状が出現する。

    【検査所見】

    パッチテストや内服誘発テストの結果から,金属アレルギーが関与している場合も多いとされる。

    難治,重症例ではパッチテストなどで原因検索や該当金属補綴物,あるいは同含有食品の除去・制限が有効な場合がある。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top