株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
宮崎泰斗 (東邦大学医療センター大森病院総合診療・急病センター)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    抗菌薬関連腸炎の代表であり,かつては偽膜性腸炎またはクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)関連下痢症と呼ばれていたが,最近では総じてクロストリジウム・ディフィシル感染症(Clostridium difficile infection:CDI)と呼ばれる。下部消化管内視鏡にて偽膜形成が確認された場合に偽膜性腸炎と呼ぶ。

    強毒株も出現しており,米国では1年間に数十万人の罹患者と1万5000人の死亡者がみられるとの警告が発せられている。日本でも増加していると考えられている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    軽症~中等症:軽い下痢,水様下痢,腹痛,食欲不振,発熱。

    重症:血性下痢,激しい腹痛,偽膜性腸炎,腸捻転,イレウス,ショック,蛋白漏出性腸炎。

    最重症:トキシックメガコロン(閉塞機転のない結腸の急速な拡張:>6cm,死亡率64%),腸穿孔。

    【検査所見】

    便中トキシンA・B検査陽性。

    便中トキシン産生遺伝子陽性(保険未収載)。

    末梢血での白血球増多(1万5000/μL以上)。

    血清クレアチニン値の上昇(重症では通常の1.5倍以上)。

    腹部CTにてアコーディオンサイン。

    腹部X線・CTにて巨大結腸症(トキシックメガコロン)。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top