株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-04-03
岩久建志 (伊藤病院内科)
吉村 弘 (伊藤病院内科)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    甲状腺濾胞上皮細胞膜上の甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone:TSH)受容体に対するTSHレセプター抗体(TSH receptor antibody:TRAb)が産生され,びまん性甲状腺腫を伴う甲状腺中毒症を呈する臓器特異性自己免疫疾患である。

    有病率は1000人当たり0.2~3.2人で,慢性甲状腺炎,甲状腺癌より少なく,男女比は1:4.6,20歳代後半~30歳代前半に最も多く,以下40歳代,50歳代と続く1)

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    自覚症状は年齢により異なり,高齢者は症状に乏しい(図1)。

    10_09_バセドウ病

    古典的症状:Merseburgの三徴(甲状腺腫,眼球突出,頻脈)。

    甲状腺中毒症に伴う症状:倦怠感,食欲があるにもかかわらず体重が減少する,微熱,動悸(心房細動などの不整脈),息切れ,手指振戦,周期性四肢麻痺,甲状腺中毒性ミオパチー,発汗過多,軟便,月経異常(寡少月経,無月経),いらいら,不安感,不眠,落ちつきのなさなど。

    バセドウ病特有の症状:甲状腺眼症(眼球突出,眼瞼腫脹,複視など),前頸骨粘液水腫,太鼓ばち状指,EMO(exophthalmos,pretibial myxedema,hypertrophic osteoarthropathy)症候群(眼球突出,粘液水腫,肥大性骨関節症,甲状腺性先端肥厚症)など。

    【検査所見】(図2・表

    10_09_バセドウ病

    10_09_バセドウ病

    一般検査所見:総コレステロール・LDL-コレステロール低下,ALP(alkaline phosphatase)上昇,急峻な食後高血糖。

    内分泌学検査所見:FT3・FT4高値,TSH抑制,TRAbまたは甲状腺刺激抗体(thyroid stimulating antibody:TSAb)陽性。

    甲状腺超音波検査:甲状腺のびまん性腫大,ドプラにて血流の上昇(非特異的)。

    核医学検査:123I,99mTcシンチグラフィーにてびまん性取り込み亢進。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top