株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

膠原病に伴う腎症(ループス腎炎)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-16
有村義宏 (杏林大学医学研究科第一内科学教室腎・リウマチ・膠原病内科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    ループス腎炎は,全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus:SLE)で認められる腎病変で,一次性腎炎で認められる5つの臨床症候群(ネフローゼ症候群,急性腎炎症候群,急速進行性腎炎症候群,慢性腎炎症候群,無症候性蛋白尿・血尿症候群)のすべてを呈しうる。

    腎組織所見は,に示すように6つの病型(Ⅰ~Ⅵ型)に分類される。

    07_12_膠原病に伴う腎症(ループス腎炎)

    ループス腎炎の特徴は,これらの臨床症候群や組織病型の間での移行,また時にいくつかを同時に認めることである。たとえば,ネフローゼ症候群と急速進行性腎炎症候群を同時に認め,腎生検でⅤ型(膜型)+Ⅳ型(膜性増殖型)を示した症例が免疫抑制療法により慢性腎炎症候群となり,組織学的にはⅤ型に移行する場合である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    ループス腎炎によるネフローゼ症候群の特徴は,多くの場合に腎症以外にSLEとしての多臓器病変による症状を認めることである。体表的な腎外病変として,顔面紅斑,光線過敏症などの皮膚症状,胸膜炎,心膜炎,腹膜炎などの漿膜炎症状,情緒不安定などの中枢神経症状がある。

    【検査所見】

    主な検査所見:ループス腎炎の活動性亢進を反映して,血液検査では白血球減少(特にリンパ球減少),血小板減少症,低補体血症(CH50,C3,C4),抗核抗体高値(特に抗2本鎖DNA抗体)がある。なお,一次性ネフローゼ症候群と異なり,高コレステロール血症を示すことは少ない。

    尿検査:多量の蛋白尿に加え,尿沈渣で軽度の顕微鏡的血尿からtelescoped sedimentと呼ばれる多数の赤血球,白血球などの各種細胞成分,赤血球円柱,顆粒円柱,白血球円柱など円柱の混在を認める尿所見まで多様である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top