株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

薬剤性腸炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
樋口和秀 (大阪医科大学第二内科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    薬剤性腸炎(drug-induced enterocolitis)は,薬剤の投与により下痢,下血,腹痛などの臨床症状が惹起され,腸管にびらんや潰瘍などの炎症性変化を生じるものである。

    抗菌薬起因性腸炎(偽膜性腸炎を含む),出血性腸炎,非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)起因性腸炎,microscopic colitisなどがある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    抗菌薬起因性腸炎では下痢が多い。腹痛で発症する場合もある。

    出血性腸炎は突然発症する血性下痢と腹痛が特徴である。あらゆる年齢層でみられる。

    NSAIDs起因性腸炎や抗血栓薬起因性腸炎は,消化管出血や貧血で内視鏡をして発見されることが多く,最近増加傾向にある。大腸よりも小腸が多い1)

    プロトンポンプ阻害薬などによるmicroscopic colitis(collagenous colitisとlymphocytic colitis)も注目されている。特徴は,慢性水様性下痢である2)

    【検査所見】

    原因不明の下痢,下血や腹部症状を訴える患者をみた場合には,詳細な薬歴聴取を行う。

    下部消化管内視鏡で出血性の粘膜傷害,びらん,潰瘍,偽膜性腸炎の場合は,偽膜の付着などの所見を確認する。Clostridium difficileやtoxinに関する検査が必要である。

    NSAIDs起因性腸炎やアスピリン起因性腸炎は小腸粘膜傷害もあるので,カプセル内視鏡などでの小腸検索が必要となる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top