株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

食道裂孔ヘルニア

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-12
栗林泰隆 (虎の門病院消化器内科)
貝瀬 満 (日本医科大学消化器・肝臓内科特任教授/日本医科大学付属病院内視鏡センター長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    食道裂孔ヘルニア (hiatal hernia)は,横隔膜の食道裂孔を通して胃の一部が縦隔内に入り込む病態である。

    脱出の形態により,①滑脱型(食道胃接合部が横隔膜上に逸脱),②傍食道型(食道胃接合部は横隔膜下にとどまり胃のみが縦隔内へ逸脱),③混合型(滑脱型と傍食道型の混在),の3つに分類される(図1)。

    05_05_食道裂孔ヘルニア

    成因には肥満,妊娠,慢性的な咳嗽,亀背などによる腹圧上昇と食道裂孔の開大などが関与している。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    食道裂孔ヘルニアには多くの場合,胃食道逆流症(GERD)を伴うため,胸焼けや呑酸が認められる。慢性咳嗽,咽喉頭異常感などの食道外症状を呈することもある。

    大型食道裂孔ヘルニアでは食道裂孔貫通部胃粘膜に潰瘍(Cameron潰瘍)が生じ,消化管出血や貧血を呈することがある1)

    【検査所見】

    X線造影,内視鏡,食道内圧測定に基づき,総合的に診断する。

    X線造影:横隔膜上に脱出したヘルニア嚢が認められる。滑脱型では,His角が鈍化し,臥位でバリウムの食道内逆流が認められる。

    内視鏡:食道側からヘルニア嚢が確認できる(図2幕内分類2)のdefinite hiatal hernia)。傍食道型や混合型の診断には,胃内反転観察で胃の脱出を確認する必要がある。逆流性食道炎やバレット食道の有無を観察することを忘れてはならない。

    05_05_食道裂孔ヘルニア

    食道内圧測定:high resolution manometry(HRM)は下部食道括約筋(lower esophageal sphincter:LES)と横隔膜脚(crural diaphragm:CD)を同定でき,正常ではLESとCDは一致する。食道裂孔ヘルニアではLESとCDが分離,その距離によってtypeⅠ(LESとCDが一致),typeⅡ(LES-CD間距離<1~2cm),typeⅢ(LES-CD間距離>2cm)の3つに分類されている(シカゴ分類3))。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top